FC2ブログ
2018. 07. 16  
こんにちはー

今年もアカメの季節がきました。
去年と同じようにお盆休みに高知県遠征を予定していますが、2連休があったのでちょっと竿を出しに行ってみることにしました。

ちなみに今回は前回の「2017 アカメを求めて四万十川遠征 その①」の反省点を踏まえてですね。

しっかりパンツは準備していきましたよ!

勿論、ブロスのクロスウォーカーです。
めくれにくく、蒸れたりしないので釣りをしている時に最適なパンツなのでオススメです。

熊本で仕事が終わり、阿蘇の温泉で汗を流してフェリーに乗るために大分を目指しました。

DSC04547_convert_20180716203352.jpg

事前に予約していなかったので、完全に飛び込みです。
料金も忘れて調べずに行ったのですが、往復16000円超え。
高速道路の料金とガソリン代を合わせれば四万十川までの1回の遠征で25000円くらいですかね・・・
気になる時間ですが、柳川から片道8時間くらいで行けます。
高知県に入って最短ルートで行けばもっと早く行けますが、四万十川上流から下流に向けて走ると道が狭く、シカなどの野生動物が多くて去年は焦りました。

すき屋でご飯を食べたりしてたら深夜1時頃に到着しました。
適当に川の側に車を停めて疲れていたので少し寝ることに。

狙うべき時間は夜なのですが、明け方からスタートです。

DSC04549_convert_20180716203514.jpg

本命の場所まで移動して準備開始です。
シーバス用のルアーを基本的に使いますが、フックを替えずにそのまま使うと伸ばされる可能性があるのでがまかつの「トレブル ラウンドベンド ヘビー」を使用しました。

DSC04552_convert_20180716203540.jpg

去年はフック変更後のスイムテストもせずに四万十川に行ったのですが、バランスが崩れて動きが悪くなるルアーもありました。
特にフックを3つ装着できるルアーの動きが悪くなる傾向が大きかったので、今回は基本的にフックが2つ前と後ろに装着できるルアーだけにしました。
3つフックを装着できるルアーのフックサイズを上げるとフック同士が絡まることも多かったのでその点も踏まえての判断です。

どうしてもペンシルを使いたかったのですが、手持ちのシーバスルアーで良いものがありません。
トッププラグのフックを変更して水を入れた洗面器に浮かせたのですが動かさなくても分かるくらいに完全にバランスが崩れるものばかりでした・・・
ダイビングペンシルも考えたのですが、アクションが派手過ぎるので却下。
僕の希望としてはシルエットはそこそこ大きくウエイトもそれなりにあるもの。
アクションはネチネチしたウォーキングタイプではなくて、水面を滑らかに滑るスライディングタイプ。
悩んだいたところ、たまたま中古釣具屋でガンクラフトのエスケイパーを発見。
ネットで調べてみると、僕が求めている理想的なルアーでした。
YouTubeで見てもかなりスライディングしています。
フックのサイズも上げても大丈夫そうでだったので即買いしました。

浦戸湾でジョイクロみたいな流行りには乗らず、今年も自分の好きな釣りをとことんやりますよ。

釣り場について状況を確認。
アカメの捕食対象になるボラを観察します。
・・・
・・・
・・・
日が昇り、明るくなり始めていますがボラが跳ねています。
アカメも居る筈です。

期待も高まり、ウェーダーを履いて釣り開始。
エスケイパーが予想通り良いアクションをしてくれます。

釣りを始めて1時間後くらいに突如、去年と同じように僕が立っている3mくらい横で凄まじい音を立てて巨大な魚がボラを浅瀬に追い込んで捕食。
去年と違うのは圧倒的な大きさ。
去年は80㎝くらいだったのでシーバスか判断できなかったのですが、今回のは1mどころのサイズではありません。
とんでもないくらいの巨大な魚が間近に現れました(;゜0゜)
間違いなくアカメです。
暫くの間、足が震えました。

直ぐにルアーも投げ続けたのですが反応は得られず、近くにいたアカメアングラーと陸に上がって話していると、また先程の個体と思われるアカメがボラを捕食。

デカい!デカ過ぎる!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

今度は二人でルアーを投げたのですがルアーには反応しません。

それでも諦めずに投げ続けること1時間。
波もほとんどない四万十川。
スライディングアクションをするエスケイパーの後ろの水面が突然盛り上がり、凄まじい捕食音と共に水柱が!!
その直後、ロッドを襲う強烈なアタリ!!
渾身のフッキング!!

フワッ・・・

うわあああぁぁぁぁ(´;ω;`)

バレた・・・(;д;)
離れていた先程のアカメアングラーからも「出ましたね」って言われました・・・

悔しすぎる。
四万十川に通って何回あるか分からない貴重なチャンスをもぎ取れなかった・・・
でも、僕が諦めない限りまだチャンスは訪れる。

その後、1時間くらい投げましたが、反応なし。
最高気温34度の炎天下、ウェーダーを履いているので熱中症のリスクもあり無理はできないため、朝の9時過ぎに一度撤収。
10時になれば温泉施設も開くので、それまでにすき屋でご飯を食べました。
温泉は四万十川のアカメアングラーの大半が利用していると思われる「平和な湯」です。
入浴料600円払って6時間くらい滞在しています。
温泉に入ったら休憩室の隅っこで爆睡です。

夕方からリベンジです。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
NEXT Entry
第337釣行 2018 アカメ釣り 四万十川遠征 その②
NEW Topics
第370釣行 川内原発サーフへメッキ釣り!
第369釣行 平之ニジマス釣り堀りへ・・・
第368釣行 悔しいので平之ニジマス釣り堀公園行ってきた
第367釣行 また北山ダムにワカサギ釣りに行ってきた
第366釣行 北山ダムにワカサギリベンジ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR