FC2ブログ
2018. 04. 07  
こんにちはー

ダイワ。

DSC03836_convert_20180321112946.jpg

本当は色々撮影したかったのですが、人が多かったのであまり撮りませんでした。
ダイワは秋丸美帆さんなどテレビに出演する人がたくさんいました。

DSC03837_convert_20180321113006.jpg

DSC03838_convert_20180321113025.jpg

モアザンかな?

DSC03839_convert_20180321113045.jpg

僕はシマノ派ですが、デザインはダイワの方が良いかな・・・
ウェアやクーラーボックスはダイワの方がコスパが良いので使ってます。

DSC03840_convert_20180321113115.jpg

アゴプロダクツ。

DSC03843_convert_20180321113151.jpg

ロゴに見覚えがあるだけであまり知らないメーカーです・・・
調べたら長崎の地に根ざしたアウトドアブランドらしいです。
長崎ではトビウオのことをアゴと呼ぶのでそこからとってきたみたいです。

ロッドを眺めていたら小川健太郎さんが声を掛けてくれました。
「せっかくならロッドも触ってみませんか?」と。

狙った獲物を逃さないという意味を込めてシューツ。

DSC03841_convert_20180321113134.jpg

写り込んでいる指は小川さんの指です。
僕は深爪ではありません。

DSC03844_convert_20180321113218.jpg

ロッドを試させてもらったのですが、ティップ側は比較的柔らかく、負荷をかけるとバッド側もスムーズに曲がります。
もっと力を入れても大丈夫と言われたのでかなり力を入れましたが、見た目からは想像もつかない程の強度がありました。
固くて強度がある物は多いですが、このロッドは曲がりながらも強度があるって感じです。

色々ブースを回ってきたのですが、どこのブースも魚を獲る為の話をします。
しかし、小川さんだけは「獲る」ための話ではなく、「楽しむ」ための話をしてくれました。
ロッドを曲げて小さな魚でも楽しめるようなロッドを作ったそうです。
最新の技術を使って・・・とかではなく、釣りという本来の楽しさを伝えようとしているのが伝わりました。
西日本釣り博で僕みたいな来場者一人にここまで話てくれたのは小川さんくらいかな・・・

家に帰って気になって調べたのですがシューツのコンセプトの一つに「釣果優先よりも釣りを楽しむ!」というのがあります。
どこのメーカーも釣果を優先するような煽り言葉を並べてばかりですが、このようなメーカーがあることは嬉しい限りです。

西日本釣り博に行く前に公式サイトで出展メーカーを調べていたのですが、大半知っているメーカーだったので、掘り出しメーカーには出会えないだろうと思っていたのですが、アゴプロダクツはかなり良かったです。
もし、西日本釣り博に行って何処のブースが一番良かったか?と聞かれたら、迷わずにアゴプロダクツと答えます。

がまかつ。

DSC03845_convert_20180321113323.jpg

がま磯。

DSC03846_convert_20180321113342.jpg

がま鮎。

DSC03847_convert_20180321113400.jpg

がまかつのフックを買うことはありますが、ロッドは買ったことがありません。
ブラックバスやシーバスしかしない人は、ステラは高すぎるとか騒いでいますが、がまかつのロッドに比べれば可愛いものです。
中学生の頃、がまかつのカタログを見ていたら目ん玉飛び出るかと思うくらい衝撃を受けました。

久々にがま鮎の値段が気になりました。
「がま鮎 エクセルシオ ノブレス引抜急瀬9.0m」の値段をアマゾンで調べたら、なんと!
448113円。
桁を間違えたと思うくらい高いでしょ?

大学生の頃、フカセ釣りをしていた時に隣で釣りをしていたおっちゃんにがま磯を触らせて貰ったことがあるのですが、軽さに感動しました。
ちなみに、高級時計や宝石を取り扱っている社長さんでした(;´・ω・)
高い釣り具を使っていましたが金の亡者のような人ではなく、フカセ釣り初心者の僕に親切に色々教えてくれました。
釣りが終わったらコマセを洗い流すために釣り場を丁寧にタワシで擦っている姿を見て、それ以来、僕もフカセ釣りをする時にタワシは欠かせない道具となっています。

がまかつにルアーのイメージはありませんが展示されてました。

DSC03848_convert_20180321113423.jpg

上を見るとかなり高い物があるメーカーですが、僕でも買えそうなロッドはあります。
磯、へら、鮎など比較的年齢が高い人がする釣りの道具が充実しています。
そのためか、値段がかなり強気な感じがします。
ブランドイメージを維持するために販売店にも値段を・・・などの話もチラホラ。
使ったことはありませんが、金持ちになったら使ってみたいと思います。

ツララ。

DSC03849_convert_20180321113444.jpg

ショーケースの中にある淡水小物用の竿があったのでガン見していたらブースの方が見せてくれました。

DSC03850_convert_20180321113506.jpg

怪魚ロッドだけではなく、このようなロッドを販売しているのは知っていましたが、このべタリス60/80はまだ未発売とのことでした。
実際に繋いでもらったのですが、張りが強めです。
ソフトティップとハードティップ販売するのかな?
この強さの竿はアタリがあれば掛けていくといった感じですね。
僕はどちらかというと柔らかめのベナベナした竿が好みです。

やっぱりツララは怪魚の方が似合います。

DSC03851_convert_20180321113528.jpg

DSC03852_convert_20180321113552.jpg

ちなみに別のブースでボンバダ・テルさんを見かけました。

ザクトクラフト。

DSC03853_convert_20180321113616.jpg

セニョールトルネード。

DSC03854_convert_20180321113637.jpg

トラウトルアーは気になってしまいます。

DSC03855_convert_20180321113703.jpg

DSC03856_convert_20180321113725.jpg

DSC03857_convert_20180321113743.jpg

DSC03858_convert_20180321113803.jpg

ブルーストーム。

DSC03859_convert_20180321113822.jpg

以前から少し気になっていたので見てきました。
ウェア関係は実用性がありそうなのですが、デザインがイマイチなんですよね・・・


DSC03860_convert_20180321113840.jpg

海流が速いポイントでもライフジャケットをしていない人をよく見かけるのですが、本当に死にますよ?

DSC03861_convert_20180321113858.jpg

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
NEXT Entry
西日本釣り博2018に行ってみた その⑪
NEW Topics
第384釣行 タナゴパトロール
第383釣行 別府でグッピー釣りに挑戦!
杉坂研治キャスティングスクール 広島 in 太田川に行ってきました
第382釣行 九重までニジマス釣りへ
第381釣行 今季最後のワカサギ釣り
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR