FC2ブログ
2018. 07. 30  
こんにちはー

今日は長崎までキス釣りに行ってきました。
佐賀でも釣れるのですが、長崎の方が型が良いことが多いので。

朝に少しだけチニングをしてみようと思ってうろうろしていたら、佐賀でライギョの気配を感じるポイントを見つけてしまいました。

DSC04615_convert_20180729151918.jpg

神崎のクリークも良い感じのポイントはあるのですが、正面に向かってフルキャストできるようなポイントは少ないです。
でもこのポイントはフルキャスト可能、しかも足場も良く、カバーがかなりの距離続いているので車で移動を繰り返さなくても長時間楽しめそうです。

ライギョは狙っていなくてもバス釣りしていると釣れるので本気で狙ったことがないですが、やってみると面白いかもしれませんね。

ライギョは狙わずにチヌが居そうなポイントがあったので竿を出してみることにしました。

DSC04614_convert_20180729151853.jpg

タックルはエギング用です。

DSC04618_convert_20180729152016.jpg

小型のソルト系のルアーを持ってきました。

DSC04617_convert_20180729151959.jpg

ベイトになりそうな魚やボラも居ますが、チヌの気配がありません・・・
少しだけ投げて、本命のキスを釣る為に移動です。

移動の途中に氷と飲み物とお弁当を購入。
暑いのでクーラーボックスに入れたのですが、これではほとんど魚を入れるスペースがありません・・・

DSC04619_convert_20180729152033.jpg

狭い道をなんとか通り抜けてポイントに到着です。
本当はランクルみたいな大型のSUVに乗りたいのですが僕には無理そうです(;´・ω・)

DSC04622_convert_20180729152104.jpg

海が綺麗です。

DSC04620_convert_20180729152049.jpg

景色も良いです。

DSC04623_convert_20180729152121.jpg

いつも通りエギングタックルのちょい投げでキスを狙います。

キスなら余裕じゃん。
って思っていたのですが、釣れるのはフグとベラばかり(^-^;

大潮の満潮時のためキスが居るエリアまで仕掛けが届かずに、沈んでいる石周りに仕掛けが着水しているみたいです。
仕方がないので適当にルアーを投げまくっていたのですが、何も起こらず・・・

潮が少し引いてから、再度キスを狙いました。
すると、すぐにヒット。

20cmちょっとくらいです。

DSC04626_convert_20180729152141.jpg

その後も、このくらいのサイズのキスが釣れ続けました。

キスとは違う引き方をする魚がヒット。
名前分かんない・・・(^-^;
誰か教えて下さい。

DSC04631_convert_20180729152236.jpg

トンビが欲しそうにしていたので、この魚はあげました。

時間が経つにつれて風が強くなってゴミも流れてくるようになりました。

DSC04627_convert_20180729152202.jpg

穏やかだった海も白波が立つように・・・

DSC04629_convert_20180729152219.jpg

状況が変わったので竿を置いて休憩です。
遅めのお昼ご飯(^-^)

DSC04632_convert_20180729152250.jpg

食べ頃のキスもたくさん釣れて満足です。

DSC04633_convert_20180729152310.jpg

ワームも持ってきていたので、漁港に寄ってアコウも狙ってみることにしました。

中古釣具屋で買ったクロー系のワームです。
以前、アコウを狙った時「第276釣行 平戸でアコウ釣り!」にエビを吐いていたので準備してきました。
袋が少しべた付いていたので入れ替えた時に数えたのですが70本くらい入っていました。
ちなみにこれだけ大量に入って300円くらいです。

DSC04634_convert_20180729152329.jpg

テキサスで狙います。

DSC04635_convert_20180729152348.jpg

以前とは違うポイントだったので不安でしたが、底を攻めているとアタリが。
オフセットだったので大きめにアワセを入れたのですが、抜けてしまいました・・・

その後はアタリがなく、疲れたので温泉に入って帰りました。
ラッシュガードを着ていたのですが、油断してしまって足が日焼けしてしまいました( ノД`)

DSC04636_convert_20180729153045.jpg

温泉に入ったらヒリヒリしたのですが、足だけだったので我慢はできるレベルでした。

暑くなりましたが、夏の釣りも楽しいですね。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 07. 29  
こんにちはー

今回は有明海の夏の風物詩であるイカゴを調査してきました。
三池港は仕事の帰り道に通る場所なので道具を準備していれば潮が良い時にすぐに立ち寄れます。

実は前日も1時間だけ様子見をしていたのですが、1匹も現れず(^-^;
地元の人も一人もいませんでした。
例年なら平日の夜でも、子供たちが夏休みなので家族連れがいる筈なのですが・・・

諦めきれず、次の日も行ってみました。
今回も1時間くらい足元の海を眺め続けてもイカゴの姿が現れず、次の日も仕事なので帰ろうとしていた時に海の中で動く透明な生物を発見。

イカゴやん!

すかさず網を入れると捕獲成功しました(^-^)
仕事帰りのためデジカメがないので、恒例のペイントです。

イカゴ_convert_20180729141815

少しずつですが、ペイント慣れてきました。

さらに10分後くらいにもう1匹捕獲しました。
今回は家族連れがいたので2匹プレゼントして帰りに自販機でコーヒーを買って帰りました。

ライトエギングの準備もしていたのですが、イカの気配が少なすぎて出番なしです。
以前はエギでイカゴを誘って数匹まとめ掬うこともできたのですが、今年も数が少ないかも・・・

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 07. 22  
こんにちはー

今日は渓流に行ってきました。
実は四万十川遠征に行く前に一度、渓流に行っていたのですが、雨で増水していたので釣りをせずに帰りました。
ほんの少し濁りが残っているだけだったので、釣りをしようと思えばできたと思いますが無理は禁物です。

今日も普段より水は多いですが、先週よりは良い感じです。
雨で山が相当水を蓄えていると考えられます。

DSC04572_convert_20180722202224.jpg

今日は暑いのでウェーダーではなくてゲーターで釣りをすることにしました。

今回から新品のシューズです。
ウェーディングシューズがボロボロになっていたので買い替えました。
頑丈なことで有名なコーカーズ。

DSC04568_convert_20180722202052.jpg

実はウェーディングシューズではなく、厳密に言うとウェーディングブーツです。
足首までしっかりホールドされます。

DSC04569_convert_20180722202124.jpg

ダイヤル式のBOAシステムが搭載されているので、これからは靴紐を結び手間が省けます。
かなり便利です。

ゲーターを装着すれば足元の準備は完了です。

DSC04571_convert_20180722202207.jpg

今日はフライフィッシングです。
水の量を考えるとルアーの方が良かったのかもしれませんが、フライを投げたかったのでのでフライフィッシングです。

DSC04573_convert_20180722202316.jpg

最近は、このパラシュートをメインに使うことが多いです。
流れが速くてもバランスを保ってしっかり浮いてくれます。

DSC04575_convert_20180722202357.jpg

トンボの変態シーンです。

読者の皆さんの変態とは意味が違います。

DSC04581_convert_20180722202416.jpg

水量が多いですが、いつものポイントでフライにヤマメが反応。
一回、食い損ねてそのまま追いかけてもう一度食ってきました。
僕が一回目出た瞬間に体が反応できなかったのですが、結果的にラッキーでした( ^ω^ )

DSC04589_convert_20180722202456.jpg

綺麗です(´ω`人)

DSC04588_convert_20180722202433.jpg

次の実績ポイントに到着。

DSC04601_convert_20180722202609.jpg

ここでもすぐにヤマメが反応してくれました。

DSC04597_convert_20180722202523.jpg

いつものサイズです。

DSC04600_convert_20180722202541.jpg

今日も数匹アカハライモリを見かけました。

DSC04602_convert_20180722202627.jpg

のんびりドライフライで川を叩いているとさらにヒット。

DSC04605_convert_20180722202648.jpg

さらにいつもは浅すぎて、あまり出ないポイントでしたが流速と水深が良い感じだったのでフライを流してみるとヒット。

DSC04607_convert_20180722202706.jpg

小型のヤマメが多い川ですが、自宅から30分くらいの場所で釣れるので大満足です(*^_^*)

狙えばまだ釣れそうでしたが、暑くなりそうだったので9時ごろには納竿にしました。
蝉も鳴きだして夏本番って感じになってきました。
夏の釣りも楽しみます(^-^)/

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 07. 18  
こんにちはー

温泉に入って休憩室で爆睡すること5時間。
夕方の4時になり、コンビニでおにぎりと飲み物を買い込み再び四万十川に向かいます。

到着してウェーダーに着替えます。
それにしても暑い・・・暑すぎる・・・
予備用のナイロン製のチェストハイウェーダーを持ってきたのですが、かなり蒸れます。
これだけ暑ければウエストハイの防水透湿素材のウェーダー持ってきても蒸れそうですが・・・
去年と今年、アカメが捕食する瞬間を見たのですが、かなり浅瀬までボラを追い込んで捕食している印象です。
朝方に見たアカメは背中が水面から飛び出すほどです。
あまり、深くまで川に入る必要はないのかもしれません。
膝以上入り込むと、自分が立っている位置よりも後ろで捕食することもありました。
去年はラッシュガードとサンダルで釣りをしていたのですが、日中は問題ありませんでした。
むしろ、冷たくて気持ちよかったです。
しかし、真夏とはいえ、日が沈むと体温が徐々に奪われて寒かったです。
さらにテナガエビが足をツマツマしてくるので気になって仕方ありません(;^_^A
使い道があまりないと思っていたヒップウェーダーが便利なのかもしれません。

ウェーダーだけでも暑いのに、さらに追い打ちをかけるフローティングベスト。
暑くてたまりませんが、死にたくないので着て釣ります。
ちなみに飲み物は2L持ち込みましたが、足りなくなりそうでした。

DSC04553_convert_20180716203558.jpg

去年は11ftのヒラスズキタックルを持ち込んだのですが、コレが失敗。
長時間の釣りには不適でした。
僕に限らず初めてアカメを狙う人は気合を入れてゴツイタックルを持ち込む人が多いみたいです。
浦戸湾はストラクチャーを狙う釣りもあるみたいなので、ショアジギングタックルが合っているのかもしれませんが、四万十川では不要な気がします。
回遊待ちが主体の四万十川のアカメ釣りは投げ続けなければチャンスが訪れません・・・
ボラが入っている時に集中すれば効率は良いかもしれませんが。
去年も今年もそうでしたが、ゴツイタックルで釣りをしている人は小まめに休憩していました。
去年の僕もそうでした。
非常にしんどかったです。
去年、アカメを釣った地元のNさんが愛用しているロッドは四万十川でテストが繰り返されたHAYASHI CUSTOMのアカメロッド「minouo87」でした。
8ft台で重さは160gです。
下手したらシーバスロッドより軽いレベルです。
去年と同じようにつらい思いをしたくなかったので今回は軽量のタックルで釣りをしました。

釣り場に付くと小さなボラが群れていました。
でも大型のアカメはこんな小さなボラではなく成魚のボラを襲っています(^-^;

DSC04554_convert_20180716203615.jpg

明るい内はトップで楽しむため、再びエスケイパーを投げます。
8ft台のロッドなので操作も楽です。

DSC04557_convert_20180716203632.jpg

エスケイパーに2回魚が反応しましたが、おそらくアカメではありません。
僕に魚の反応があった後に朝少し話をしていた兵庫から遠征に来た方がシーバスをヒット。
多分、僕のルアーに反応してきたのもシーバスだと思われます。

日が沈み、時間が過ぎるのですが、朝と比べるとボラの数が少ないです。
しかし、時折、静かな四万十川にアカメの捕食音が響き渡ります。
間違いなくアカメはいる状況。

日付が変わる頃に先程の方がアカメをヒット。

DSC04562_convert_20180716203656.jpg

大型のアカメとは言えませんが、カッコいい魚であることには間違いありません。
勿論、タックルは軽めです。

DSC04565_convert_20180716203713.jpg

このアカメがヒットして1時間も経たない内にシンキングペンシルを巻いている僕にヒット!
大型ではないですが、エラ洗いをしたので期待してしまいます。

バシャッ、バシャバシャ!!

・・・・フワッ

うわあああぁぁぁぁ(´;ω;`)

またバラしてしまいました( ノД`)
なんとかメンタルを保ちつつ夜中の3時30分頃まで投げ続けていたのですが、ボラの気配が完全に消えたので納竿にしました。

またしてもアカメは釣れませんでしたが、少しずつですが近づいてきています。
難しいとばかり思っていた魚ですが、釣ることが現実的になってきた気がします。
また諦めずに狙ってみます。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 07. 16  
こんにちはー

今年もアカメの季節がきました。
去年と同じようにお盆休みに高知県遠征を予定していますが、2連休があったのでちょっと竿を出しに行ってみることにしました。

ちなみに今回は前回の「2017 アカメを求めて四万十川遠征 その①」の反省点を踏まえてですね。

しっかりパンツは準備していきましたよ!

勿論、ブロスのクロスウォーカーです。
めくれにくく、蒸れたりしないので釣りをしている時に最適なパンツなのでオススメです。

熊本で仕事が終わり、阿蘇の温泉で汗を流してフェリーに乗るために大分を目指しました。

DSC04547_convert_20180716203352.jpg

事前に予約していなかったので、完全に飛び込みです。
料金も忘れて調べずに行ったのですが、往復16000円超え。
高速道路の料金とガソリン代を合わせれば四万十川までの1回の遠征で25000円くらいですかね・・・
気になる時間ですが、柳川から片道8時間くらいで行けます。
高知県に入って最短ルートで行けばもっと早く行けますが、四万十川上流から下流に向けて走ると道が狭く、シカなどの野生動物が多くて去年は焦りました。

すき屋でご飯を食べたりしてたら深夜1時頃に到着しました。
適当に川の側に車を停めて疲れていたので少し寝ることに。

狙うべき時間は夜なのですが、明け方からスタートです。

DSC04549_convert_20180716203514.jpg

本命の場所まで移動して準備開始です。
シーバス用のルアーを基本的に使いますが、フックを替えずにそのまま使うと伸ばされる可能性があるのでがまかつの「トレブル ラウンドベンド ヘビー」を使用しました。

DSC04552_convert_20180716203540.jpg

去年はフック変更後のスイムテストもせずに四万十川に行ったのですが、バランスが崩れて動きが悪くなるルアーもありました。
特にフックを3つ装着できるルアーの動きが悪くなる傾向が大きかったので、今回は基本的にフックが2つ前と後ろに装着できるルアーだけにしました。
3つフックを装着できるルアーのフックサイズを上げるとフック同士が絡まることも多かったのでその点も踏まえての判断です。

どうしてもペンシルを使いたかったのですが、手持ちのシーバスルアーで良いものがありません。
トッププラグのフックを変更して水を入れた洗面器に浮かせたのですが動かさなくても分かるくらいに完全にバランスが崩れるものばかりでした・・・
ダイビングペンシルも考えたのですが、アクションが派手過ぎるので却下。
僕の希望としてはシルエットはそこそこ大きくウエイトもそれなりにあるもの。
アクションはネチネチしたウォーキングタイプではなくて、水面を滑らかに滑るスライディングタイプ。
悩んだいたところ、たまたま中古釣具屋でガンクラフトのエスケイパーを発見。
ネットで調べてみると、僕が求めている理想的なルアーでした。
YouTubeで見てもかなりスライディングしています。
フックのサイズも上げても大丈夫そうでだったので即買いしました。

浦戸湾でジョイクロみたいな流行りには乗らず、今年も自分の好きな釣りをとことんやりますよ。

釣り場について状況を確認。
アカメの捕食対象になるボラを観察します。
・・・
・・・
・・・
日が昇り、明るくなり始めていますがボラが跳ねています。
アカメも居る筈です。

期待も高まり、ウェーダーを履いて釣り開始。
エスケイパーが予想通り良いアクションをしてくれます。

釣りを始めて1時間後くらいに突如、去年と同じように僕が立っている3mくらい横で凄まじい音を立てて巨大な魚がボラを浅瀬に追い込んで捕食。
去年と違うのは圧倒的な大きさ。
去年は80㎝くらいだったのでシーバスか判断できなかったのですが、今回のは1mどころのサイズではありません。
とんでもないくらいの巨大な魚が間近に現れました(;゜0゜)
間違いなくアカメです。
暫くの間、足が震えました。

直ぐにルアーも投げ続けたのですが反応は得られず、近くにいたアカメアングラーと陸に上がって話していると、また先程の個体と思われるアカメがボラを捕食。

デカい!デカ過ぎる!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

今度は二人でルアーを投げたのですがルアーには反応しません。

それでも諦めずに投げ続けること1時間。
波もほとんどない四万十川。
スライディングアクションをするエスケイパーの後ろの水面が突然盛り上がり、凄まじい捕食音と共に水柱が!!
その直後、ロッドを襲う強烈なアタリ!!
渾身のフッキング!!

フワッ・・・

うわあああぁぁぁぁ(´;ω;`)

バレた・・・(;д;)
離れていた先程のアカメアングラーからも「出ましたね」って言われました・・・

悔しすぎる。
四万十川に通って何回あるか分からない貴重なチャンスをもぎ取れなかった・・・
でも、僕が諦めない限りまだチャンスは訪れる。

その後、1時間くらい投げましたが、反応なし。
最高気温34度の炎天下、ウェーダーを履いているので熱中症のリスクもあり無理はできないため、朝の9時過ぎに一度撤収。
10時になれば温泉施設も開くので、それまでにすき屋でご飯を食べました。
温泉は四万十川のアカメアングラーの大半が利用していると思われる「平和な湯」です。
入浴料600円払って6時間くらい滞在しています。
温泉に入ったら休憩室の隅っこで爆睡です。

夕方からリベンジです。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 07. 08  
こんにちはー

僕の休みと雨の日が重なり続けていたので、釣り具の整理などをしていたのですが・・・

もう限界です。
釣りに行ってきました。


前日から行く気満々だったのですが、今日もゆっくり準備してたら出発が10時になってしまいました。

職場が熊本なので最近はポイント荒尾店に行っていたのですが、今日は久々に柳川店に行ってきました。
虫餌を10gだけ買う予定だったので100円くらいで済むはずだったのですが柔らかめののべ竿があったので買ってしまいました(*^_^*)

家を出た時は雨降っていなかったのですがポイントから出ると雨が降っています・・・

DSC04509_convert_20180708200351.jpg

買った竿はこちら。

DSC04510_convert_20180708200437.jpg

3000円くらいです。
日頃バス釣りに使っているトラウトロッドと同じくらいの値段ですね。

コンビニに寄ってコーヒーを飲みながら釣り場へ向かいました。

運転しながらクリークを観察していたのですが、一昨日前に大雨特別警報が出たというだけあって濁りが何処も凄まじいです・・・

DSC04511_convert_20180708200502.jpg

有明海はいつも泥で濁っているのであまり気にしなくて大丈夫?

DSC04512_convert_20180708200529.jpg

少しだけ道具の話を。
いつも使っている竿が左で、今日買ったのは右です。

DSC04516_convert_20180708200611.jpg

同じシリーズで今日買ったのが新しいモデルみたいですね。
タカミヤの竿なのでポイントがセールしている時はお得に買えます。

今日買った軟調の竿は中調の竿と比べると細いです。
勿論、軟調の竿が軽いです。
2本竿を出すと忙しい釣りになるので1本でのんびり釣るのですが、ずっと竿を持っていると疲れるので軽いほうが楽です。

DSC04517_convert_20180708200634.jpg

基本的にテナガエビは合わせは入れないので軟らかい竿の方が良い気がしたので買いました。

DSC04518_convert_20180708200653.jpg

見た目も安っぽくなくて良いですね。

ただ、テナガエビくらいなら1000円くらいの竿で十分だと思います。
むしろ3000円の竿1本買うより、1000円の竿3本買った方がたくさん釣れると思います。

僕はのんびり1匹1匹釣りたいだけです。

僕が使う仕掛けの道具はこちら。

DSC04520_convert_20180708200731.jpg

テナガエビの仕掛けセットで売ってある玉ウキでもいいですが、風や波がほとんどないなら小さい発砲ウキを数個付けた仕掛けの方がアタリが明確です。
しかも、小まめにウキの深さを調節しなくて大丈夫です。

DSC04519_convert_20180708200714.jpg

風や波がある時に備えて一応ウキ仕掛けも準備しています。
小学生の頃は玉ウキで釣っていたのですが、タナゴ浮きの方が小さなアタリは見やすいです。

DSC04521_convert_20180708200747.jpg

有明海の干満差の影響を受けるポイントなのでウキを10cmくらい下に引っ張られたら、泥水の中に消えていきます。
そのため、竿をどのタイミングで上げるか悩むことになるのでシモリ仕掛けが有利な気がします。

砂虫が売ってなかったので今日は養殖ゴカイと書いてあったものを買いました。
青虫かな・・・?
買ったのは最小単位の10gですが、本当は5gでも十分過ぎます。

DSC04513_convert_20180708200550.jpg

天気予報が雨だったのですが、油断すると日焼けするのでしっかり日焼け対策はします。

DSC04524_convert_20180708200819.jpg

準備が終わったら釣り開始です。

こんなに濁っていたら普通釣れない気がしますが、テナガエビは釣れてしまうのです。
しかし、今日も怒涛の抱卵雌ラッシュです・・・
当然、リリースです。

DSC04532_convert_20180708200921.jpg

それにしても、今日はテナガエビがそこら辺を普通に歩いています。
雨の影響なんですかね?

DSC04531_convert_20180708200905.jpg

こんな感じで手が届く範囲に普通にいます。

DSC04534_convert_20180708200945.jpg

捕まえるのは難しいですが2匹素手で捕まえることができました。
濁っていて見えないだけで数十センチ先に結構いるのでは?って感じです。
テナガエビは僕にバレずに隠れているつもりかもしれませんが、長いヒゲが水面から見えています(笑)

テナガエビが見えているのですが、今日はアタリスポットが中々見つかりません。
少ないアタリとメスに苦戦し続け、いつもは竿を出さない流れが強めの水門を狙ってみることにしました。

DSC04537_convert_20180708201020.jpg

すると、アタリが連発。
メスが多いですが、たまに大きなオスも釣れました。

ここにも見えエビが。
完全に垂直の壁登っています。
観察しながら釣りをしているとテナガエビのメスも登っていました。

DSC04536_convert_20180708201002.jpg

釣りの最中、雨が降ることがあり傘を差しながら釣りをしていたのですが、本降りになったので納竿にしました。
この前は少し釣り過ぎた感じがあったのでコレだけ釣れれば十分です。

DSC04538_convert_20180708201037.jpg

見えテナガエビを捕まえようとしていたら、抱卵中のミナミヌマエビが居たので捕まえて持って帰ってビオトープの中に入れました。
淡水のエビだと思っていたのですが、汽水域にもいるみたいです。

DSC04541_convert_20180708201054.jpg

これだけ濁っていても釣りが成立するテナガエビ。
安い道具からでも始められるので変態の皆さんオススメですよ(*^_^*)

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR