FC2ブログ
2018. 03. 27  
こんにちはー

レイドジャパン。

DSC03763_convert_20180321110145.jpg

カナモでお馴染みの金森隆志さんのメーカー。
カナモがメガバスに居た頃は岸道見てました。

グラディエーター。

DSC03764_convert_20180321110202.jpg

コルクグリップが主体です。

DSC03765_convert_20180321110219.jpg

中古市場で探せば2万円くらいで買えます。

羽根モノで有名なダッジ。

DSC03766_convert_20180321110236.jpg

バス釣り業界だと顕著ですが、流行るとどこのメーカーも似たような物ばっかり作ってばっかりです。
ユーザーも選択肢は増えるので良いかもしれませんが・・・
自社のプライドとかこだわりはないのか?って思ってしまいます。
僕がバス釣りに冷めてしまった理由の一つです。
メーカーに踊らせているだけな気がしてなりません。
バス釣りに限らず、釣り番組で流行りの釣り方をしてドヤ顔で解説している人達を見て幻滅するのは僕だけですか?

レイドジャパンのブースでの出来事なのですが、ガラポンで当たった景品をショーケースの上で交換し合っていた馬鹿な男女3人がいました。
他の来場者がショーケースを見ようとしてもお構いなしに騒ぎながら。
レイドジャパンのスッタフも絶対に視界に入ってました。
一番悪いのはその男女3人ですが、レイドジャパンのスタッフも注意して良かったのでは?

それにしてもカナモ人気は凄かったです。
若い人を中心にファンが多いみたいでした。

デュオ。

DSC03767_convert_20180321110300.jpg

トラウト系からソルト系のものまで充実してます。
使ったことありませんが、渓流用のバイブもあります。

DSC03768_convert_20180321110318.jpg

DSC03769_convert_20180321110337.jpg

マリス130。
ハイドラ220。
青攻188SF。

DSC03770_convert_20180321110357.jpg

DSC03771_convert_20180321110417.jpg

DSC03772_convert_20180321110435.jpg

ノマセギル。

DSC03773_convert_20180321110500.jpg

飲ませギル?

DSC03774_convert_20180321110520.jpg

デカ真虫。

DSC03775_convert_20180321110540.jpg

真虫と比較してもかなり大型化しましたね。

DSC03776_convert_20180321110600.jpg

スピンベイト。

DSC03777_convert_20180321110617.jpg

リュウキスピン。

DSC03778_convert_20180321110706.jpg

デュオはまだ公式HPにも載っていないようなルアーの展示が多かったみたいです。
こんなのあったけ?って思いながら後で調べました。

ゼクサス。

DSC03779_convert_20180321110727.jpg

釣り用のヘッドライトはゼクサスしか使いません。
以前、安物を買ったのですが、すぐにダメになりました。

DSC03780_convert_20180321110747.jpg

ジャストエース。

DSC03781_convert_20180321110806.jpg

ロッドビルディングしない人は無縁のメーカー・・・?

以前から気になっていたFUNK★STAR『MAGNUM』についてブースの方に聞いてみました。
すると、なんとFS-682MG-Tを西日本釣り博に持ってきているではありませんかΣ(´Д`*)

DSC03783_convert_20180321110832.jpg

極太のマグナムブランク。
このロッドのバッド部分だけみると極太ですがティップ側にいくほど急激に細くなってます。
それがこのロッドの最大の特徴マグナムテーパーブランク。
バッド部分だけ見ると分からないと思いますが、このロッドはライトソルト用なのです。
見た目は太いので重そうに見えますが極薄のカーボンで作ってあるのでかなり軽いです。
ロッドに負荷がかかるとブランクの円が潰れて楕円状になり復元しようとするため反発を生み出します。
バンブーロッドのホロービルトと同じですね。
極薄のカーボンが軽量と反発を可能にしているのです。
ブースの方曰く、以前はこのようなロッド意外とあったそうです。
しかし、今の時代では唯一無二のライトソルトロッドとなっています。
さらにこのロッド、通常チューブラーティップですが、フルカーボンソリッドの替え穂先も販売してます。
ライトソルトロッドでこれ以上面白そうなロッドを僕は知りません。

もう一つ気になっていたMTPブランクについても色々聞いてみました。
実際にブランクを曲げさせてもらったりもしました。
マスキュラーサイクロンテクノロジー製法という方法を使っているそうで、曲がるのに物凄い強度を持っています。
気になる方はジャストエースの垂直破断強度テスト動画を見て下さい。

最後にブースの方にロッドビルディングをする上で最大の疑問点について聞いてみました。
「2ピースロッドにはブランクの中にスポンジみたいなのが入っているのですがアレは何ですか?」
手持ちのロッドを見ると全てゴミなどが入らないように黒色のスポンジが詰め込んであります。
この時代、ネットで調べて分からないことはないと思い調べまくったのですが正体が分かりません。
血眼になってネット検索しましたよ。
全然分かりません!
カーボン棒を詰め込もうと思ったこともあるのですが、アクションが変わりそうだったので却下。
ダイソーで色々買って試したのですがコレといった物がありません。
強いて言うならパズルマットが一番良かったかな・・・
で、あの正体何だと思います?

なんと・・・
EVAグリップだそうです!(゚△゚;ノ)ノ

ブースの方が言うにはメーカーによって違うかもしれませんが、自分の所ではEVAグリップで作っていると教えてもらいました。
黒色という点と高密度のスポンジという点について合致しています。

ブランクメインのブースのため小規模であまり人気も無さそうでしたが、僕はかなりテンションが上がりまくるブースでした。
やっぱりこういった機会は大切にしないといけませんね!
また、行ってみたいブースの一つです。

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 26  
こんにちはー

ミスター石鯛。

DSC03729_convert_20180321101648.jpg

石鯛を狙ったことはありませんが、こういった機会は無駄にできません。
せっかくなので見てきました。

DSC03730_convert_20180321101708.jpg

初心者にも分かるように仕掛けのボード等もあって良かったです。
本当はブースの人と話したかったのですが、他の来場者と話していたので話すことができなくて残念(´・_・`)

デュエル。

DSC03731_convert_20180321101729.jpg

この画像だけではありませんが、たまに僕が反射して写り込んでいます(笑)
反射対策ではありませんが、ニット帽とマスクしていて良かったです。

DSC03732_convert_20180321101748.jpg

ファインテールバイブ。

DSC03733_convert_20180321101807.jpg

デュエルのハードコアシリーズはネットで買うとかなり激安になることが多いので嬉しいですよね!

エギもよく使わせてもらってます。

DSC03734_convert_20180321101827.jpg

ティクト。

DSC03735_convert_20180321101851.jpg

ティクト製品で思い浮かぶのがMキャロくらいしかありません・・・
知らないうちに使っていた製品もあるかもしれませんが。

かっこいいロッドですが、見た目はありきたりと言えばありきたりかな。

DSC03736_convert_20180321101912.jpg

DSC03737_convert_20180321101931.jpg

スプールやハンドルも出していたんですね。
ライトソルトをしている人のタックルを見ると洒落た感じの人多いです。

DSC03738_convert_20180321101954.jpg

モンキースティックということは林釣漁具製作所。

DSC03739_convert_20180321102013.jpg

ティクトと林釣漁具製作所は同じ経営みたいですね。
知らんかった・・・((´・ω・`;))

林釣漁具製作所は高知県にあります。
高知県で一番有名な川はやっぱり四万十川。
四万十川には勿論アカメ!

お願いします。
ミノウオ87再販して下さい。


餌木猿もありましたよ。

DSC03740_convert_20180321102132.jpg

DSC03741_convert_20180321102200.jpg

パズデザイン。

DSC03742_convert_20180321102226.jpg

僕の中ではフローティングベストのイメージが強いですが、ルアーもありました。

DSC03743_convert_20180321102416.jpg

ナブラ撃ち専用キャスティングジグまでありました。

DSC03745_convert_20180321102442.jpg

DSC03744_convert_20180321102341.jpg

ジャッカル。

DSC03746_convert_20180321102505.jpg

ジャッカルの定番?
フィッシングショーでも有名な巨大バス水槽。

DSC03747_convert_20180321102527.jpg

ジャッカルブースは朝からイベント続きで大盛況でした。

僕がバス釣りに夢中だった10年くらい前は、正直ジャッカルあまり興味なかったのですが、最近は他のメーカーと違い面白いルアーが多いので気になってしまいます。

DSC03748_convert_20180321102543.jpg

DSC03749_convert_20180321102602.jpg

DSC03750_convert_20180321102621.jpg

ビッグベイト鯛ラバのスルメデス。

DSC03751_convert_20180321102757.jpg

バス釣りメーカーもかなりソルトルアーに参入しています。

ジャッカルのフリックシェイクの登場によってゲーリーヤマモトのカットテールの不動の地位が崩されてしまいましたが、僕はカットテール派です。
あの絶妙なウエイトは素晴らしい!

ジャッカルで一番気になるのはライザーベイト。
釣具屋で1個買ってしまいました( ^ω^ )
通常ルアーのリップは潜らせるために付いていますが、ライザーベイトは真逆。
なんとルアーを浮上させるために付いているのです。
そのため小粒でもウエイトがあるためキャスティングにも向いています。
使うのが楽しみです。

オーナーばり。

DSC03752_convert_20180321102818.jpg

カルティバのドロー4などは使ったことがあります。
他はあまりない・・・(;´・ω・)

DSC03754_convert_20180321102840.jpg

フックは使うんですけどね。

DSC03755_convert_20180321102901.jpg

大物相手にはカルティバ。

DSC03756_convert_20180321102923.jpg

カルティバのフックって錆やすくありませんか?
あまり良いイメージがないので多分もう買いません。

アピア。

DSC03757_convert_20180321102943.jpg

フィールドモニターを実名で晒上げたことで有名なメーカー。

何個かルアー持っていますが、僕がシーバス下手クソ過ぎて釣れません。

DSC03758_convert_20180321103013.jpg

DSC03759_convert_20180321110052.jpg

DSC03760_convert_20180321110110.jpg

DSC03761_convert_20180321110127.jpg

アピアからモアザンベースのベンチュラが発売されていましたが値段が高過ぎると思っていました。
定価が7万円弱です。
しかし、僕の記憶だと少なくとも2017年と2018年の福袋で4万円で買うことができました。
当然、福袋なのでベンチュラだけでなくルアーなども付いてきます。
年末になると福袋探しをしますが、アピアのベンチュラの福袋程買って得なのは見たことがありません。
リールだけ転売しても余裕で儲かるレベルです。
僕は買いませんけど。

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 24  
こんにちはー

リトルジャック。

僕の中でサヨリルアーと言えばサヨリス。
使ったことないけど。

DSC03709_convert_20180321100647.jpg

これからの時期、三池港にサヨリが接岸しまくるので使ってみたいルアーです。
楽天セールの時に買っておけばよかった・・・

DSC03710_convert_20180321100719.jpg

これはハネビックス。

DSC03712_convert_20180321100742.jpg

DSC03713_convert_20180321100805.jpg

リトルジャックは見た目が綺麗なので高そうに見えますが、意外と安いのが嬉しいメーカーです。

DSC03714_convert_20180321100830.jpg

リトルジャックは他のブースと少し展示方法が違い、ボードにフックを刺して展示するという方法をとっています。
ショーケースがないので無駄なスペースがありません。
この展示の方法だとメーカーも無駄な出費を抑えられることに加えて、来場者も間近でルアーを見ることができます。
ただし、フックを剥き出しにして展示するのはちょっと危ないかも。
服や顔に刺さったらって考えると・・・(;´・ω・)
圧縮チューブみたいなので針先を保護したらもっと良かったと思います。

DSC03715_convert_20180321100854.jpg

梶原さんとこの場にはいない筑後川清流鱸おじさんの話で勝手に盛り上がらせてもらいました。
僕みたいなヘッポコアングラーに名刺まで渡して頂きありがとうございました。

テンリュウ。

DSC03716_convert_20180321100916.jpg

フェイテスネット。
こんなランディングネットを背負って大型トラウトを狙ってみたいです。

DSC03717_convert_20180321101047.jpg

あまり見かけないテンカラ竿が展示されていました。

DSC03718_convert_20180321101231.jpg

もっと見かけないレイクトローリングロッドまで(*゚Q゚*)

DSC03719_convert_20180321101305.jpg

勿論、フライロッドも。
トラウト関係が充実したブースだったので僕的に好みのブースでした。

DSC03720_convert_20180321101324.jpg

お昼ご飯(*^_^*)

DSC03721_convert_20180321101342.jpg

サンライン。

DSC03722_convert_20180321101403.jpg

ラインは釣り具屋でよく見かけます。
ウェアも充実してます。

DSC03723_convert_20180321101440.jpg

DSC03724_convert_20180321101503.jpg

サンラインってこんな物も出していたんですね。

DSC03725_convert_20180321101528.jpg

一誠。

DSC03726_convert_20180321101549.jpg

村上晴彦さんが常吉にいた時から釣り方が面白く好きだったので期待して一誠に行きました。
しかし、今回の西日本釣り博で一番最悪のブースでした。
ブースの形が「コ」の字で3つのコーナーがあり、ダーツコーナー、物販コーナー、村上さんの接客コーナーとなっていました。
ダーツって経験者と未経験者では差がでますよね?
ガラポンと違い、皆平等に当たるとは言えませんね。
見ていたら的に当たらない人も結構いました・・・
しかもダーツだから投げないといけないため場所の無駄遣い。
次に何を売っているか分からない物販コーナー。
並ぶようにするためか、チェーンがしてあるため何を売っているか見えません。
皆チェーン越しに首を伸ばして覗き込まないといけないという状況。
救いなのが村上さんがいることくらい。

一誠のブースで見れたのはたったコレだけ。

DSC03727_convert_20180321101607.jpg

DSC03728_convert_20180321101632.jpg

一誠はダーツと物販だけの小遣い稼ぎをするために出展したのかな?って思うくらいひどかったです。
ブース担当の人達も頑張って作ったのかもしれませんが、どんな神経しているのかな?って思ってしまいました。
一誠のルアーの記憶?
そんなのありませんよ。
非常に残念でした。

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 23  
こんにちはー

西日本釣り博ネタ4つ目にして飽きてきました。
今週は釣りに行けなさそうです・・・( ノД`)
ブログを放置するよりマシだと思い、今日も仕事が終わったのでブログを書きます。

アブ・ガルシア。

DSC03679_convert_20180321094957.jpg

アブ・ガルシアのリールは持っていませんがアブのカーディナルとガルシアのミッチェルなら持ってます。

ドラグの性能についてブースの方に教えてもらいました。
MAXドラグが11kg?12kg?くらいあるみたいです。
ドラグをフルロックにしたらバスくらいなら余裕でぶち抜けそうです。

DSC03680_convert_20180321095020.jpg

リールといえばダイワ派とシマノ派にほぼ別れますがアブ・ガルシアのリールもかっこよくて欲しくなってしまいます。

DSC03681_convert_20180321095040.jpg

DSC03682_convert_20180321095059.jpg

僕が高校生の頃、イマカツの今江克隆さんが使っていたAE74がかっこ良すぎて欲しかったです。
当時は遠心ブレーキが主流になっていましたが、確かAE74はマグネットブレーキだった気がします。
というか今でもAE74欲しい!

リップルフィッシャー。

DSC03683_convert_20180321095120.jpg

僕の記憶に間違いがなければ、リップルフィッシャーとヤマガブランクスは経営が同じだったはず。

DSC03684_convert_20180321095210.jpg

DSC03685_convert_20180321095233.jpg

気になったロッドをブースの方に曲げさせてもらいました。
これでもか!ってくらい力入れても折れない強さは、さすがリップルフィッシャーです。
大海原で豪快な釣りがしてみたくなるロッドでした。

リブレ。

DSC03686_convert_20180321095250.jpg

カスタムハンドルで有名ですね。

DSC03687_convert_20180321095321.jpg

リブレのハンドルを装着すればインスタ映え間違いなしです。

DSC03688_convert_20180321095342.jpg

リブレのハンドルは見た目がゴツイので重そうですが、アルミ製なのでイメージよりずっと軽いです。
ちなみに僕は限定のM2-WING96-104持っています。
値段を思い出すと吐きそうになります。
M2-WING96-104の魅力はなんと言ってもピッチ変更システムです。
ハンドルの長さが変更できるのです!
機能性も勿論ですが、やっぱりリブレの魅力はカッコ良さですね!
ただ重くなるのは事実です。

ヤマシタ。

DSC03689_convert_20180321095404.jpg

釣具屋でも素通りするメタルスッテに興味をもったのでブースの人に色々教えてもらいました。
ちなみに右上に写っているのは「おっぱいスッテ」です。

DSC03690_convert_20180321095444.jpg

三池港でのエギングには欠かせないエギ。
ナオリーです。
このエギさえあれば三池港のイカとタコは十分過ぎるくらい釣れます。

DSC03692_convert_20180321095525.jpg

エギ王もよく使ってます。

DSC03693_convert_20180321095554.jpg

DSC03694_convert_20180321095630.jpg

ガンクラフト。

DSC03695_convert_20180321095725.jpg

僕がガンクラフトのブースを訪れた時に平岩孝典さんも居ました。
以前、釣りビジョンで見ていたのですが平岩さんのロッドのスペックが多少落ちてもカッコイイ方が良い精神は好きです。
足りないものは経験と技術で補えばいいって考え方です。

ガンクラフトはジョイクロだけで食っていけるのでは?ってくらいジョイクロの人気は凄いですね。
「ガンクラフト」より「ジョインテッドクロー」の方が知名度ありそうです。

ガンクラフトのロッドはやっぱりキラーズです。

DSC03697_convert_20180321100256.jpg

ジョイクロ使うならデッドソードを使いたいです。

DSC03699_convert_20180321100313.jpg

子供の頃から釣りをしていますが、デッドソードのネーミングセンスを超えたロッドを知りません。
だってデッドソードですよwwwwwww

あぁ、デッドソード欲しい・・・

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 22  
こんにちはー

こちらはRBBのブース。

DSC03658_convert_20180321094055.jpg

海で釣りをしているとRBBのベストを着ている人を見かけますね。
前から気になっていたフロントにジップが付いているタイプのウェーダーについて色々ブースの方に教えてもらいました。
あとソールのこととかも。

DSC03659_convert_20180321094138.jpg

こっちはDスタイル。

DSC03661_convert_20180321094157.jpg

俺の職業バスプロ。
で有名な青木大介さんがイベント中だったため人が多くて撮影しませんでした。
青木さんのトーナメントでの成績は素晴らしいですが、ルアーのインパクトがイマイチ欠けるんですよね・・・
ほしいと思うのはレゼルヴぐらい。

バリバスのブース。

DSC03665_convert_20180321094326.jpg

バリバスはラインで有名ですね。
展示されていませんでしたが、僕はフライのリーダーを愛用させていただいています。

バリバスのブースですがヤンバルアートクラフトのルアーなど他社メーカーのルアーもありました。

DSC03666_convert_20180321094344.jpg

モーリスのエリアドライブを購入しようと本気で考えた時期はありましたが、結局買わなかったです。

DSC03667_convert_20180321094428.jpg

トラウトロッドにはカーディナルが良く似合いますね。

DSC03668_convert_20180321094449.jpg

オーバスライブ。

DSC03669_convert_20180321094511.jpg

モラモラです。

DSC03670_convert_20180321094533.jpg

値段が高いイメージがあるので買ったことありません。

DSC03671_convert_20180321094612.jpg

フロッグプロダクツ。

DSC03672_convert_20180321094630.jpg

これまた、値段が高いイメージのメーカーです。
トップウォーター系のメーカーは基本的に値段が高いのがネックですが、面白いルアーが多いです。
見ているだけで楽しめますね!

DSC03673_convert_20180321094756.jpg

DSC03674_convert_20180321094817.jpg

DSC03675_convert_20180321094835.jpg

DSC03676_convert_20180321094854.jpg

34。

DSC03677_convert_20180321094917.jpg

アジングで有名なメーカーです。

DSC03678_convert_20180321094935.jpg

ロッドを触らせていただいたのですが、驚きました。
アジングロッドなので繊細なのかな?と思っていたのですが、バッド部分の強度はかなりしっかりしていました。
かなり曲げてもらいましたが尺アジと言わず、ラインさえ強度な物を使えばシーバスなんかも余裕でいけそうです。

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 22  
こんにちはー

こちらはハヤブサのブースです。

DSC03636_convert_20180321093034.jpg

サビキ釣りでお世話になっているメーカーです。
インチクが多く展示されてました。

DSC03637_convert_20180321093118.jpg

DSC03638_convert_20180321093140.jpg

次のブースへ行こうとレッドステージを見ると菊本俊文さんと清水盛三さんのトークライヴをやっていました。
バス釣りに夢中だった時にモリゾー帝国はよく見てましたねー懐かしい。
菊本さんのBIG BITEも釣りビジョンで放送されている時は見てます。

今なら人が少ないかも?と思いエバーグリーンのブースへ。

DSC03640_convert_20180321093159.jpg

BALAM 300。
ロッドの進化と共にルアーの大型化も止まりません。
ビッグベイトを超えてジャイアントベイトと呼ばれています。

DSC03641_convert_20180321093226.jpg

ウナギリグ。
ロングワームになるほどナチュラルなアクションができるので効果的なのでしょう。
ただし、この手の物はアクションがかなりナチュラルに見えてるので、魚より人間の方が喰いつきがいいんですよね。

DSC03642_convert_20180321093246.jpg

新色も追加になっています。
10年くらいで塗装の技術が劇的に進化していますね。

DSC03643_convert_20180321093311.jpg

ウェア関係も充実してました。

DSC03644_convert_20180321093333.jpg

こちらはコンバットスティック。
ヘラクレスかと思いきや、シナジーでした。

DSC03645_convert_20180321093352.jpg

こっちはソルティーセンセーション。

DSC03646_convert_20180321093413.jpg

エバーグリーンのソルトロッドはグリップがかっこいいです!
エギングロッドを1本持っていますが、値段がそこそこします・・・

DSC03647_convert_20180321093444.jpg

メガバス同様にエバーグリーンも時代の流れに合わせてソルト用品が増えていきました。

DSC03648_convert_20180321093535.jpg

ビッグベイトと言えばジョイクロみたいな感じがありますが、僕の中ではエスドライブが発売された時の方が衝撃的でした。

DSC03649_convert_20180321093614.jpg

数年前からリールを発売していることは知っていましたが、まだコアなファンにしか需要はなさそうですね・・・

DSC03650_convert_20180321093650.jpg

こちらは富士工業。

DSC03651_convert_20180321093726.jpg

ガイドと言えばFUJI。
FUJIと言えばガイド。

長い間ガイドのリングはSiCだったのですが、今はトルザイトリングあります。
知らない人は調べてね。

DSC03652_convert_20180321093749.jpg

ガイドが軽量化されてロッドも進化してきたと言われてますが、正直な話つい最近まで平成生まれの僕はガイドでロッドが劇的に変化したと感じたことはありませんでした。
去年、解散したウエダのロッドを1本だけ買ったのですが、この時にガイドの重さを実感しました。
まあ、良く言えばガイドの重さによりロッドに程よくしなりを与えているのですが。

展示してあるロッドのガイドも見て回ったのですが、やっぱりまだSiCがメインですね。
僕もトルザイトリングのロッドは2本しか持っていません。

フランジガイドも買っているので付けるのが楽しみです(*^_^*)

ロッドビルディングをしている人やライトソルトルアーをしている人は知っているかもしれませんが、ATガイドのサイズは8までしかありません。
それ以下のサイズはKTガイドなど組み合わせています。
ATガイドならではの柔らかさや強度も踏まえて、あえて販売していないそうです。

DSC03653_convert_20180321093920.jpg

ガイドメインのブースということもあり、あまり人気のあるブースとは言えませんでしたが、僕はこんな機会はないと思って質問しまくってました(笑)

DSC03654_convert_20180321093936.jpg

やっぱり、こういった機会は大切にしないといけませんね。

スタジオコンポジットのブースへ。

DSC03655_convert_20180321093955.jpg

名前は聞いたことありますが、使ったことはありません。

DSC03656_convert_20180321094012.jpg

グリップは光沢があり、滑りそうに見えましたがしっかりグリップが利いてました。

DSC03657_convert_20180321094030.jpg

画像では切れていますが、ボガグリップ用のコードもありました。
僕もボガグリップを持っていますが意外とコレといったコードってないんですよね~
そもそもボガグリップ重いのであまり持ち歩きたくない(笑)

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 21  
こんにちはー

2年振りに北九州で開催される西日本釣り博に行ってきました。
前回、開催された2016年3月はフライ遠征中のため中部地方や関東地方を軽自動車で3週間に渡り貧乏旅していたので行けませんでした(;_;)
横浜や大阪ではフィッシングショーが開催されているにも関わらず、「なんで九州だけ何もないんだよ!」って思っていたのは僕だけではないはず。
2016年に西日本釣り博が開催されたので毎年してくれるかも?って期待していたら2017年は開催されず・・・
2018年やっと参加できました(*^_^*)
本当は開催日の17日と18日両方とも行きたかったのですが、仕事の関係もあるので18日のみ行ってきました。

初めにブースの方に撮影の許可をもらって撮影していたのですが、撮り過ぎて圧縮とアップロードだけで3時間くらいかかりました。
FC2ブロガーには、この大変さが分かると思います( ノД`)
画像と共に率直な感想なども書いてみようと思います。

本当は道具のインプレみたいなのは嫌いなので書きたくないのですが、嫌々書きます。
どちらかというと、使い込んでボロボロになった道具の思い入れを語るようなネタの方が好みです。

3月は休みの度にウェーダーを着ていましたが今日は違います。

DSC03597_convert_20180321091858.jpg

柳川から小倉まで行かないと行けないので、瀬高駅から普通電車でのんびり行きました。

DSC03600_convert_20180321091922.jpg

新幹線に乗る金はない(´;ω;`)

片道2500円近く支払い、2時間揺られて到着。
小倉駅まで行けば誘導してくる人がいると思っていたので下調べせずに行ったら、改札口近くには誘導員がいなくて右に行けばいいのか?左に行けばいいのか?・・・

とりあえず落ち着き状況を判断。

おっさんが多いほうに行けばいいやろ?

この判断で正解。
開催時間は9時からだったので、9時10分頃着の電車で行ったのですが物凄い人!
駅から数百メートル人が並んでます。
本当に会場全員入るのか?ってくらい多かったです。
ということで20代のおっさんも列に並びました。

主催はタカミヤなので事前に釣り具のポイントで前売り券を購入しました。
余談ですが、中学生の頃にあった職場体験で僕は釣り具のポイント柳川店にいきました。

DSC03601_convert_20180321091941.jpg

誘導されるまま新館の方に入ってぐるっと回って、早々と本館に移動しました。
ステージイベントだけではなく、ブースでもトークショーしてました。

DSC03602_convert_20180321092000.jpg

ダイワのブースを見ていたら「第295釣行 2017年→2018年 年越し釣行 オオニベを求めて その②」と「第296釣行 2017年→2018年 年越し釣行 オオニベを求めて その③」の時にお会いした山脇愛子さんが居たので少しだけ話しました。

うん・・・多分、僕のこと覚えてない・・・

ダイワは人が多かったので後回しにして奥の方にあるマングローブスタジオのブースに行きました。
来てみましたが・・・
正直、オフショアから釣りしたことないのでよく分かりません。

DSC03603_convert_20180321092021.jpg

DSC03604_convert_20180321092040.jpg

撮影はしていませんがブルーブルーのブースも見てきました。
シーバスのルアーばかりかと思いきや青物などの大型のフィッシュイーターを想定したルアーも多く展示されていました。
本当はブルーブルーに早めに行けば防水ポーチ貰えるの知ってましたが、どんだけ早起きしなきゃいけないんだよ!?って思って諦めました。

こちらはキーストン。

DSC03606_convert_20180321092137.jpg

邪道エギが有名なメーカーですが、他のエギも個性的でエギングメーカーの中で一番好きです。

DSC03607_convert_20180321092156.jpg

価格がやや高めなエギですが、佐賀県のダイレクトショップで訳あり品を買えば安く買えます。
沖縄で流行しているエジング(エギング+ジギング)にも対応しているモンローエギ モンスターチューンも気になるのですが、遊び心があるキーストン。
こっちが気になります(笑)

DSC03608_convert_20180321092216.jpg

会場全体を短時間で見たので、もう一度、新館に戻り丁寧に見ていきます。

やっぱりコレは気になるところです。

DSC03610_convert_20180321092234.jpg

そうです。
ステラです。
人気のステラに加えて村田基さんが解説してたので人が多くて触れるまで時間が掛かりました。
村田さん風に言うならヌルヌルです。
ヌルヌル!超ヌルヌル!!
10ステラと14ステラが黒っぽかったの対して、新しいモデルは以前のようにシルバーっぽい色に戻りました。
黒のEVAグリップならリールも黒色でも良かったのですが、やっぱりコルクグリップにはシルバー系の色が似合います。

この時点で数冊カタログを貰って気付きました。
このままだとカタログ地獄になる!
でも、財布、スマホ、ハンカチ、ティッシュが入る程度のショルダーバッグしか持ってきていません。
周りを見るとメガバスの大きなビニール製の袋を持っている人がちらほら。
メガバスが1回1000円のガラポンのイベントをしており、景品とその袋が貰えるみたいです。
あのサイズがあればカタログが十分に入りそうです。
ということでメガバスのガラポンの列に並びました。
本当はここ数か月連続して10万円弱くらい釣り具を買い続けているので、何も買わないと決めていたのですが・・・・

列に並びながらメガバスのロッドを眺めていました。
ここ数年でかなり増えてきたEVAとコルクを合わせたロッドですが、僕の好みじゃないです。
なんか統一感ないよね?

DSC03612_convert_20180321092253.jpg

DSC03614_convert_20180321092314.jpg

パガーニかな?

DSC03615_convert_20180321092331.jpg

メガバスの代名詞、デストロイヤーです。
モデルチェンジを繰り返しながら、新しいロッドも出てくるのでメガバスのロッドの数には驚かされます。

DSC03616_convert_20180321092350.jpg

DSC03617_convert_20180321092407.jpg

こちらはオロチですね。

DSC03619_convert_20180321092445.jpg

DSC03618_convert_20180321092424.jpg

僕が中学生の頃はバス用のルアーばかりでしたがソルト系にもかなり力を入れてきていますね。

DSC03621_convert_20180321092533.jpg

DSC03622_convert_20180321092552.jpg

ガラポンの順番が近づいてきました。
景品はこちら。

DSC03620_convert_20180321092505.jpg

出てきたのは・・・
黄色の玉。
1000円のガラポンで1500円くらいの景品が貰えました。

DSC03623_convert_20180321092608.jpg

欲しかったのは景品ではなく、袋の方なのでコレで十分です。

DSC03888_convert_20180321114650.jpg

次回、来る時はトートバッグを持ってこないといけませんね。

出展メーカーが150を超えているので、後で自分がどこのメーカー行ったのか分からなくなりそうだったのでメーカーの名前を撮影してから道具を撮影していくことにしました。

ということでシマノ。

DSC03624_convert_20180321092624.jpg

ブースも大きいですが人もかなり多い!
特にリールは人が多くて撮影しませんでした。

DSC03625_convert_20180321092645.jpg

エクスセンスのルアーは本当によく飛びます。

DSC03626_convert_20180321092701.jpg

僕の地元ではソルト系の需要があまりないためか、中古で300円~400円で買えます。

DSC03627_convert_20180321092721.jpg

ライトソルトロッドのソアレ。
モデルチェンジしてグリップの形状が変わりました。

DSC03628_convert_20180321092746.jpg

また来たよ。
メガバス。

DSC03629_convert_20180321092805.jpg

メガバスの新しいトラウトブランド「グレートハンティング」。

DSC03630_convert_20180321092839.jpg

ちなみに僕は随分前に廃盤になったグレートハンティングミノーを未だに大切に5個くらい持ってます。

DSC03631_convert_20180321092857.jpg

DSC03632_convert_20180321092917.jpg

DSC03633_convert_20180321092938.jpg

メガバスはやっぱりバスですね。

DSC03634_convert_20180321092955.jpg

昔と比べてワンテンのラインナップも増えました。

DSC03635_convert_20180321093014.jpg

新商品を展示してほしいのは勿論ですが、メガバスには1本だけでも良いので初代ARMSを展示してほしかったです。
生産数100本も満たなかった伝説のロッドARMSを一目でもいいから見てみたいです。
以前、ヤフオクで200万円から出品されていたのを見たことがありますΣ(゚Θ゚)

MEGABASS伊東由樹トークライヴ!」以来、また伊東社長見れて嬉しかったです。

続く。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 17  
こんにちはー

不思議に思われるかもしれませんが「九州四季釣行」のブログ早く更新されないかなーって自分で思ってしまうことがあります。
当然、僕のブログなので僕が更新するしかありません。
だから更新します。

実績があるポイントばかり行って結果を出し続けても僕がつまらないので初めてのポイントに行ってみることにしました。
ブログを読んでくれる変態のために魚を必死に釣るつもりなんてブログを始めた時から全くなく、どうせなら泥臭いくらい必死こいてボウズの方が面白いくらいの感覚でいつもやってます。

車を停めて歩いて行くと良い感じのポイントを見つけました。
今日はここで釣りをしよう。

DSC03575_convert_20180313212905.jpg

さて、行こうか。

DSC03576_convert_20180313212924.jpg

所々険しい場所があるのですが、ヤマメが好みそうなポイントもあります。

DSC03577_convert_20180313212942.jpg

チェイスしては見切られ・・・チェイスしては見切られ・・・

なんとか出会えたヤマメちゃん(*^_^*)

DSC03581_convert_20180313213001.jpg

険しいポイントのためか、人の気配は感じられません。

DSC03586_convert_20180313213058.jpg

渓流釣りの影響でかなり腰に負担が来ていますが、釣り上がります。

最終的に小さな滝で行き止まりとなりました。

DSC03587_convert_20180313213117.jpg

画像で見ると大した滝ではないように見えますが、これ以上先に進むことができないため急斜面を木を掴みながらガードレールが見える位置まで登りました。
ヤマメは多いですが死にたくないので、恐らく当分ここには来ません。

DSC03589_convert_20180313213143.jpg

結局1匹止まり。
でも僕としては大満足。

道端に春を発見。

DSC03592_convert_20180313213200.jpg

鬱蒼とした山は日の光が遮られて肌寒いです。

DSC03593_convert_20180313213220.jpg

良い景色( ^ω^ )

DSC03596_convert_20180313213242.jpg

ライズは見つからなかったですが、そろそろフライ振ろうかな?

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 16  
こんにちはー

今日はのんびり過ごそうと思いぶらぶらしてきました。

石が積んであり、流れもある川です。

DSC03561_convert_20180313211517.jpg

数回訪れているのですが、雰囲気は良いくせに魚の気配がいつもほとんどありません。
いくら見た目良く工事をしても魚にとっては住みにくい・・・?

DSC03562_convert_20180313211542.jpg

人にとっては憩いの場となっていますが、釣り師の僕にとっては少々物足りなさを感じてしまいます。

DSC03563_convert_20180313211601.jpg

水生昆虫はいるのですが、全くライズなし。

DSC03564_convert_20180313211621.jpg

ヤマメを釣る上流域とは違い、下流域ではハッチが観察できました。
ブログを休止している時期の3月に渓流へ行った時はライズが多かったのですが、去年も今年もライズはほとんど見つけていません。
あまり上流域ではなく、少し下流で釣りをしたら違うかもしれませんが・・・
ライズが観察できるようになれば、ルアーではなくフライに切り替えていく予定です。

僕の経験上、桜が咲く頃には大抵の淡水魚の活性が上がります。
春はまだ遠い?

DSC03567_convert_20180313211723.jpg

セボシタビラの水路を覗きに行ったのですが、やっぱりいません。

DSC03568_convert_20180313211742.jpg

菜の花が少しだけ春の訪れを教えてくれます。

DSC03569_convert_20180313211759.jpg

柳川名物のクリークへ。

DSC03570_convert_20180313211816.jpg

せっかくなのでスプーンでハスでも狙ってみます。

DSC03571_convert_20180313211832.jpg

トラウトロッド?
いえいえ、ハスロッドです。

DSC03572_convert_20180313211850.jpg

ブルーギルのアタリかな?と思っていたのですが小さなハスでした。
フッキングしないサイズばかりだったので早々と切り上げて、もう少しぶらぶら。

良い水路。
でも、魚はやっぱりいないや。

DSC03573_convert_20180313211936.jpg

雨が余計な物を綺麗に洗い流し水質が良いです。

DSC03574_convert_20180313211957.jpg

魚の春までもう少し辛抱みたいですね。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 13  
こんにちはー

今日も渓流にヤマメを釣りに行きました。
前日、仕事が終わってお好み焼きを食べに行って、車を点検に出していたら疲れて夕方から爆睡してしまったので夜中の2時に目を覚ましていました。
ヤマメを釣りに行くには早すぎると思い、深夜に釣り具をいじっていたら猫がラインを噛んだのでマジ喧嘩までに発展。
左手を数か所引っ掛かれましたが僕の勝利です。
そんなこんなしていたら朝の5時になったので出発です。

今日は初めての場所で薄暗く寒いですが釣りスタートです。

DSC03554_convert_20180313211310.jpg

入渓ポイントは開けていて釣りがし易そうな感じだったのですが、流れが速いポイントが多く、遡行しながら打てるポイントを打っていく釣りとなりました。

DSC03555_convert_20180313211336.jpg

釣りを始めて1時間くらい経ったころ、水が流れ込む場所の岩を掴みながらよじ登ろうとした瞬間・・・

バシャーン!!!

足を滑らせてしまい、落水。
タックルを傷つけたくないため咄嗟に右腕を高く上げたのですが、左手で水中の石が届かない・・・
ウェーダーの中に溜まった空気が体を浮かせて3メートル程流されて体勢を整えることができました。

チェストウエーダーに被せるように上着を着てフードを被っていたのでウェーダーの中まで濡れませんでしたが、両腕がずぶ濡れになりました (*´;ェ;`*)

DSC03556_convert_20180313211354.jpg

ちなみにウェーダーを着た状態で落水して、下手するとウェーダーに溜まった空気で下半身が浮いて上半身が水中にいって溺れることがあるみたいなので気をつけましょう。
僕が行くポイントはあまり深い場所はないので、どちらかというと頭を岩にぶつけないようにしないといけません。
じゃタックルより頭守れや。

あーバッグが濡れて重い・・・

DSC03558_convert_20180313211417.jpg

こんな時にも備えて、車のキーやスマホ、デジカメは防水バッグに入れているので何の問題もありませんが、上着が水を吸って重い上に、朝早く来すぎたせいでかなり寒いです。
気温3℃くらいかな?息が白く見えます・・・

さらに猫と喧嘩した時にできた傷に水が染みて痛いです。
ここで猫とマジ喧嘩の伏線を回収!?Σ(´ω`ノ)ノ

内臓が冷えないなら大丈夫と思い、上着を絞って釣り再開。

DSC03559_convert_20180313211435.jpg

スプーンをキャストしていると白泡ができたポイントで根掛かり・・・
こんな時はベルモントのルアーリータンⅡがあれば大丈夫!

DSC03560_convert_20180313211458.jpg

このルアー回収機があれば、腕を伸ばして服が濡れることもありません。
僕はもうずぶ濡れなので関係ありませんけどね。

釣りを続行していたのですが、気温が低い中、これだけずぶ濡れになっているので支障が出てくるわけです。
腕が冷たくなりすぎて感覚がなくなり、まともにキャストができなくなったので今日は諦めて帰りました。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 05  
こんにちはー

また渓流に行ってきました。
ウェーディングシューズもソックスタイプのウェーダーもボロボロになってきたので、今日は一体型のブーツタイプのウェーダーを着て釣りをすることに。

前日の雨の影響を大して受けることもなく、水は綺麗に透き通っていました。

DSC03544_convert_20180305211233.jpg

ネコヤナギが季節を感じさせてくれます。

DSC03547_convert_20180305211254.jpg

水温や気温の変化を数値だけで見るのも良いと思いますが、山の中に入って周りを見渡せば植物達が最近の気候の変化を教えてくれます。
数字なんかで状況を予想するより、現地に行って植物・虫・鳥・・・の変化で状況を見極めれるようになれば魚も簡単に釣れるようになる・・・?

少しヤマメの話とは外れます。
僕の祖父は年を重ねて車で遠くに釣りに行くこともなくなり、近所でウナギ釣りをして楽しんでいるのですが僕に言っていたことがあります。
「海と離れていても釣りは潮位の影響を受けている気がする」
当然、ウナギは海から遡上してきます。
なので海の影響を受けていて当然だと思うかもしれませんが、僕の祖父が釣りをしているポイントは干満差の変化を受けるポイントではありません。
魚が遡上するエリアがある故にベイトの影響もあるかもしれませんが、潮回りが良い時が良く釣れると祖父は言っていました。
気圧の変化の影響などもあるかもしれませんが。
祖父に理由を聞いてみると・・・
「分からん」
って言ってました。
ただし、祖父と同じようなことを言っている釣り師に出会ったことはあります。

実はコレ、僕が何気なく釣りをしている上で気にしているポイントの一つなのです。
全ての釣りに通じることなのでは?と思っているのです。
ヤマメが海の変化を受けて釣果に影響しているかも・・・?って思うと馬鹿馬鹿しい気もしますが、真面目で勤勉で非常に性格も良くイケメンな僕は気になってしまうのです。

生命の源の海。
どこまで釣りに影響を与えているのか?
どうせ、僕が必死こいて釣りを続けたことで答えなんて見つからないかもしれませんが、僕の釣りのテーマの一つです。

釣れないので、こんなことを考えながら釣り上がってました。

DSC03549_convert_20180305211312.jpg

前日に雨が降っていたにも関わらず、しっかりとした足跡が残っていたので人の気配は感じていたのですが、案の定、餌釣り師が上流にいました。
急にやる気が失せて今日の釣りはおしまい。

DSC03552_convert_20180305211335.jpg

予備用のウェーダーだったのですが、コレも使っている内に縫い合わせの箇所から浸水・・・(;´・ω・)

18歳の時に車の免許を取って山を車で徘徊し続けた結果、自宅がある柳川から一番近いポイントだと40分くらいでヤマメが釣れることが分かりました。
柳川だと山というより海に近いイメージがあると思うのですが、意外と身近な場所にヤマメっているものですね。
地図と睨めっこしながら車を走らせ続けるのですが、行ってみると水量が少ない藪みたいな場所だったり、到底降りることができない崖だったり・・・
今は大学生の頃に目星を付けたポイントばかり巡回しているのですが、当時ヤマメが居るポイントを探して茂みを掻き分けてする釣りは冒険みたいで楽しかったです。
時間に余裕ができたら、またボウズどころかロクに釣りができない山を冒険するような釣りをしてみたいと思います。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 01  
こんにちはー

ついに2018年渓流解禁です!
仕事で普段休みの日を希望しない僕ですが、2年連続で3月1日だけは休みをもらっています。

解禁日なので早めに行こうと思い、前日に4時30分に目覚ましをセットして就寝。

4時30分。
僕「目覚まし、うるせーわ」
( ˘ω˘ ) スヤァ…

5時30分。
猫「 布団に入らせろ。ボケナス(=^ω^=)」
いつも一緒に寝ている黒猫が喚いていたので目を覚ましました。
猫を布団の中に入れて、歯磨きと着替えを済ませ渓流に向けて出発。

途中でコンビニでパンを買って食べなら運転してました。
まだ薄暗いですが川沿いを走っていると、すでに車を2台発見。
僕が目指すポイントはさらに上流なので数キロ走らせます。
前日の春の嵐の影響で道路に枯れ葉が大量に落ちていて運転が大変と思いながら進んでいると・・・

DSC03529_convert_20180301231018.jpg

木が倒れていて道を塞いでいました(´;ω;`)ウゥゥ
山の方から倒れていて根元の方から見ると7~8mくらいありそうです。
当然、これ以上車で進むのは不可能なので諦めて、この場所に車を駐車して釣りをすることにしました。
・・・ふと山を見ると、もしかしたらまた倒れてくるかもしれないと思い、少し引き返して木が倒れても車に直撃しない場所に駐車しました。
以前、釣りの帰り道に道路を塞いでいた木を警察が処理していたのを思い出し念のために警察に連絡しました。
警察から場所を特定するために電柱はないか?と聞かれましたが山の中に電柱なんてほとんどありません・・・
少し歩いて橋の名前を伝えて釣りの準備を済ませ釣り開始。

前日の雨で少し増水して僅かに濁っていますが、釣りは問題なさそうです。
今日はルアーでいきます。

開始5分で足元の石がぐらつき滑ってしまい、腰より上辺りまで水の中に入ってしまいました・・・
冷たい・・・

さらに5分後根掛かりしたルアーを外すために左手を川に突っ込むことに・・・
冷たい・・・

ラインが痛んでいないかを確認するためにロッドを股に挟んでいたら、ロッドが股からずれ落ちて川の中へ、反射的に右手を川に突っ込むことに・・・
冷たい・・・

寒いよ(っω・`。)

気を取り直して釣りを再開。
スピナーを投げながら釣り上がっているとヒット!
相変わらずのサイズですが、綺麗なヤマメちゃんです。

DSC03530_convert_20180301231053.jpg

その後ものんびり釣り上がって行きます。

DSC03535_convert_20180301231215.jpg

ヤマメのチェイスはあるのですが、フッキングまでに至らず・・・・

DSC03536_convert_20180301231247.jpg

ここはヤマメが出るポイントなのですが、増水の影響でまともに釣りができません。

DSC03537_convert_20180301231356.jpg

釣り上がっていると・・・
「ガアアアアアアアアアアアアァァ!」
カモさんでした。びっくりしました(;_;)

DSC03538_convert_20180301231432.jpg

しかも、このカモさん厄介なことに僕が目指す上流に向かってスイスイ泳いでいきます。
ヤマメ釣れなくなるから止めて・・・と思いますが、僕の思いなんて伝わる筈がありません。
僕から距離をとっては休み。僕が近づけば上流に向かってさらに泳いで進むというポイントデスロイヤーです。
ちなみにこの経験2回目です(T_T)

脱渓ポイントに到着したので釣り終了。
山の中はまだ雪が残っていました。

DSC03540_convert_20180301231457.jpg

車に向かって引き返していると、軽トラに乗ったフライマンに声を掛けられたので立ち話をすることに。
解禁日なのに魚の反応が薄かったなーと思っていたら、僕より先の方に餌釣り師が入っていたとのことでした。
とはいえ、解禁日にヤマメが見られて満足な釣行となりました。

車に近づくと朝方に道を塞いでいた木は切断せれてました。

DSC03541_convert_20180301231518.jpg

ウェーダーから水が浸入しているかもと思って、脱いで確かめたのですが、やはり蒸れではなく水が入っているみたいです。
シューズもボロボロになってきたので再購入を考えないといけないのですが、ウェーダーもシューズもそこそこするんですよね・・・
んー悩みます。

2018渓流始まったばっかりです。
また行ってきます!

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR