2018. 06. 24  
こんにちはー

6月は体調不良と連勤で釣行頻度が激減です。
でも今日は釣りに行ってきましたよ!

毎年、梅雨になったらテナガエビを釣りに行こうと思っていても、いざ行こうとすると・・・

いつでもテナガエビ釣れるじゃん。

って思ってしまい、ほとんど行っていませんでした。
しかし、今日は雨の影響で川は何処も激濁り、僕の選択肢としてはウナギ、ナマズ、テナガエビしかありませんので、テナガエビにしました。
水槽でヤマトヌマエビやミナミヌマエビを飼育したことがあるのですが、エビは視界に餌が入っていなくても匂いで興奮して探し出します。
そのため、濁っていても簡単に釣れます。

前日にポイントで砂虫を購入して冷蔵庫に保管しておきました。
子供の頃、ミミズを冷蔵庫に入れていたら母親が嫌がっていたのですが、僕が何でも入れまくっていたので今では何も言われません。

前日からしっかり準備をして、朝一から釣りをするつもりでした。

釣行当日の朝5時。

僕「目覚まし、うるさいわ」

目を覚ましたのは8時過ぎ・・・
テナガエビはダラダラ釣れ続けることが多いのでマズメとか余り気にしなくて大丈夫ですが、完全に寝坊です。
開き直って、部屋の片づけをしていたので出発は9時前になってしまいました。

自宅から車で15分くらいで到着しました。

テナガエビは手軽な道具で楽しめるのオススメです。
エアレーションしていても死ぬことがあるのでクーラーボックスも準備しておいた方がいいです。

DSC04503_convert_20180624223943.jpg

実績があるポイントです。
予想以上に濁ってますね。

DSC04502_convert_20180624223903.jpg

釣れるポイントなのですが、干満差を受けるポイントなので護岸されて足場が高く釣り辛いです。
そのため、今日は水門より上流で竿を出してみることにしました。
水門より上流であれば干満差は受けないので足場も良く、ウキの位置の調整もこまめにする必要もありません。

竿を出してウキを眺めているとすぐにアタリ。
テナガエビは早合わせは禁物なので、じっくり待ちます。

すると抱卵していたテナガエビが釣れました。
釣り針は事前にバーブレスにしているので、ピンセットで簡単に外れます。
抱卵しているテナガエビはすぐにリリース。
テナガエビ釣りは、小学生の頃に従弟と夢中になっていました。
当時、子供ながら、抱卵中のテナガエビをキープすることに躊躇いがありリリースしていました。
生産を繰り返していれば、このポイントの水質が悪化しない限り、このポイントは未来がありますね。
その後も抱卵中のテナガエビばかり釣れるので足場が高い実績ポイントに移動することにしました。
産卵するためのポイントだったのでしょうか?

釣れるのは分かっているポイントだったので、竿をもう1本追加して2本で狙ってみます。
するとすぐに良型のテナガエビが釣れました。

仕掛けを投入するとだいたい30秒もしない内に最初のアタリがでます。
でも、ここからが長いのでバンバン釣れる釣りではありません。
しかも釣れる数よりバレる数の方が多いです。
さらに抱卵中のテナガエビはリリースです。

餌を付けている間にもうもう1本の竿にアタリが出るので休む暇がありません。
テナガエビなら少しくらいほっといていても大丈夫なのですが、たまにフナや小さいニゴイが延べ竿をひったくっていくので大変です。
以前、テナガエビ釣りをしているおじさんと話をしたことがあるのですが、3本も出したらタバコ吸う暇すらないって言っていました。
忙しなく釣りをしないといけないので、途中で竿を1本にしてのんびり釣ることにしました。

お昼を過ぎると、朝ご飯も食べずに釣りに来たのでお腹が減り帰ることにしました。

DSC04505_convert_20180624224012.jpg

エアレーションをしていたのですが、やっぱり数匹死んでしまいました。
だいたいサイズはこのくらいです。

DSC04506_convert_20180624224034.jpg

今日は30匹くらいキープすることにしました。
リリースの数も合わせれば50匹以上は余裕で釣れています。

生きていたテナガエビは自宅で泥抜きして唐揚げにして食べようと思います。

DSC04508_convert_20180624224054.jpg

川が濁っているこの時期でも狙えるテナガエビは魅力的ですね。
また行ってきます。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 06. 25  
こんにちはー

懲りずにテナガエビ調査行ってきました。
まだサイズが小さいだろうけど・・・

いつものお店で100円分のゴカイを購入。
これだけいれば余ります。

DSC01270_convert_20160619113603.jpg

とりあえず、下流域へ。

ムツゴロウ。
近づくとあっという間に泥の中に入ります。

DSC01271_convert_20160619113632.jpg

こちらはシオマネキ。

DSC01272_convert_20160619113715.jpg

有明海っぽい生き物がいっぱいいます。
ちょっと下流過ぎるかな・・・と思いつつも準備開始。

DSC01274_convert_20160619113743.jpg

ウキでやってみましたがアタリが小さい(つД`)ノ
仕方なくシモリ仕掛けへ変更。

DSC01276_convert_20160619113850.jpg

すると、すぐに釣れました!
テナガエビではなくシラタエビです・・・
テナガエビを狙うなら経験上このエビがいるエリアより上流に行った方がいいです・・・

移動して釣りをしようかと思いましたが、雨が降ってきたので帰宅することにしました。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 06. 18  
こんにちはー

せっかくの休みなのですが・・・

どよ~ん(´・ω・`)

DSC01244_convert_20160607221210.jpg

雨の影響で濁り中・・・
しかも風も・・・

DSC01245_convert_20160607221245.jpg

これから梅雨になると雨続きで、できる釣りが限られてきます。
さすがに激流の中で渓流釣りは危険ですし、クリークも激濁りになるとバスは釣れづらくなります・・・
タナゴ釣りは澄んだ水で楽しみたいですし・・・

そんな時、僕のオススメの釣りはウナギ釣りとテナガエビ釣りです!
どちらも濁っていても釣れます。
ただウナギ釣りもいいですが、個人的はテナガエビ釣りが好きです。
ということでテナガエビ釣りです。

目的地に行く途中、個人経営の小さな釣具屋へ。
エサのゴカイを購入するのが目的です。
青虫やミミズでも釣れますが、僕はゴカイが一番だと思ってます。
手も汚れづらいので。
ちなみに僕がゴカイを購入するお店、なんと100円からゴカイが買えます!
テナガエビを釣るだけならゴカイなんて10gもあれば十分過ぎます。
意外とエサを10gから販売してくれる釣具屋ってないんですよね~
お店のおばちゃんはお店に来てくれるだけで嬉しいんだとか・・・
そんなお店なので、僕はついつい余計な物まで購入してしまいますw

エサを買ったら、目的の釣り場へ。
竿を出すと、小さなアタリが・・・!

釣れました。

DSC01251_convert_20160607221350.jpg

テナガエビ楽しいです!
ただサイズがまだ小さいですね。
何匹か追加しましたが、まだこのサイズが多いようです。

フナもたまに釣れました。
釣り続けているとウキにかすかなあたり・・・!

こ、これは・・・

DSC01249_convert_20160607221315.jpg

ヤマノカミ(^-^)
希少種釣れました。
小さくても嬉しいですね。

テナガエビのサイズが小さいのでキープはせずに全てリリース。

暇なので筑後川のテナガエビのメジャーポイントを覗きに行きました。
すると、やはり数人いました。
調子はどうか聞いてみましたが、やはり小さいようです。
しかもド干潮のタイミングなので少し釣りづらそう・・・
筑後川で竿を出すつもりはなかったのでクリークへ移動。

クリークで竿を出そうかと思いましたが眠いので帰宅することにしました。
あと1ヶ月くらいするとかなり楽しめそうです。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 04. 29  
こんにちはー

最近、ブログの更新サボり癖がついてしまい申し訳ありません・・・
釣りで忙しくて・・・

今日は、天気が良いので今年初の手長エビの調査へ。

DSC01149_convert_20160523181000.jpg

釣り場に行く途中で、釣具屋に立ち寄りゴカイを購入。
青虫を売っている店は結構あるのですが、意外とゴカイは売ってない店が多いんですよね。
自分が知らないだけかもしれませんが・・・

渓流で使っている延べ竿で釣ります!

DSC01150_convert_20160523181036.jpg

仕掛けはウキ釣りです。

DSC01148_convert_20160523180836.jpg

ちなみに、テナガエビ釣りは自分の釣りの原点みたいなものです。
子供の頃、従兄弟と畑でミミズを掘り出して竿とバケツを持ってよく釣りに行ったものです。
当時は玉ウキを使っていました。
仕掛けは祖父に作ってもらっていたので、交換する針も持たず行ってました。
ブルーギルに針を飲まれた時は必死になって外してましたw
いやー懐かしい!
そんなテナガエビも護岸工事の影響で随分釣れる場所が減りましたね・・・
昔話はこの辺でおしまい。

テナガエビの魅力は、なんといってもあの繊細なアタリです!
ハサミでエサを掴んでいるだけの時もありますので、魚みたいにガンガンあわせることもしません。
僕はたまにアワセかましますが。
今日のテナガエビはというと・・・
小さい!小さい!小さい!
予想はしていましたが、早かったみたいです。
エビは濁っていても釣れるので、梅雨時に楽しむことにします!

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR