2018. 04. 14  
こんにちはー

今日は渓流にフライを振りに行ったのですが・・・
セボシの時と同時に画像が消えてしましました(´;ω;`)
仕方ないので、今回はペイントでお送りします。

餌釣りをしていた時は早朝に出かけていたのですが、フライの場合はのんびり日が昇ってから出発することが多いです。
桜も咲いたので水生昆虫の活性も上がっているかな?

ソックスタイプのウェーダーとウェーディングシューズがボロボロなのでブーツタイプのウェーダーで釣りをすることに。
とりあえず、フライはパラシュート。
色々タイイングしたのですが、パラシュートがやっぱり使いやすいですね。

流れが反転しているところなどを丁寧に叩いて釣り上がります。
ライズはしていませんがカゲロウがハッチしています。

少し開けたポイントにフライを落とすと魚が反応!
フッキングしませんでしたが、ドライフライのドキドキ感はたまりません。
数回同じコースに流していると、また反応。
今度はフッキングに成功。

久々にフライでヤマメを釣ることができました(^-^)

繝、繝槭Γ_convert_20180412212630

少し上がったポイントでもヒット。

繝、繝槭Γ_convert_20180412212630

相変わらずフッキングが苦手な僕ですが、ヤマメの活性が高いので3匹も釣れてしまいました。

繝、繝槭Γ_convert_20180412212630

今日は久々のフライで楽しめて良かったです。
またフライ振りに行ってきます。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 17  
こんにちはー

不思議に思われるかもしれませんが「九州四季釣行」のブログ早く更新されないかなーって自分で思ってしまうことがあります。
当然、僕のブログなので僕が更新するしかありません。
だから更新します。

実績があるポイントばかり行って結果を出し続けても僕がつまらないので初めてのポイントに行ってみることにしました。
ブログを読んでくれる変態のために魚を必死に釣るつもりなんてブログを始めた時から全くなく、どうせなら泥臭いくらい必死こいてボウズの方が面白いくらいの感覚でいつもやってます。

車を停めて歩いて行くと良い感じのポイントを見つけました。
今日はここで釣りをしよう。

DSC03575_convert_20180313212905.jpg

さて、行こうか。

DSC03576_convert_20180313212924.jpg

所々険しい場所があるのですが、ヤマメが好みそうなポイントもあります。

DSC03577_convert_20180313212942.jpg

チェイスしては見切られ・・・チェイスしては見切られ・・・

なんとか出会えたヤマメちゃん(*^_^*)

DSC03581_convert_20180313213001.jpg

険しいポイントのためか、人の気配は感じられません。

DSC03586_convert_20180313213058.jpg

渓流釣りの影響でかなり腰に負担が来ていますが、釣り上がります。

最終的に小さな滝で行き止まりとなりました。

DSC03587_convert_20180313213117.jpg

画像で見ると大した滝ではないように見えますが、これ以上先に進むことができないため急斜面を木を掴みながらガードレールが見える位置まで登りました。
ヤマメは多いですが死にたくないので、恐らく当分ここには来ません。

DSC03589_convert_20180313213143.jpg

結局1匹止まり。
でも僕としては大満足。

道端に春を発見。

DSC03592_convert_20180313213200.jpg

鬱蒼とした山は日の光が遮られて肌寒いです。

DSC03593_convert_20180313213220.jpg

良い景色( ^ω^ )

DSC03596_convert_20180313213242.jpg

ライズは見つからなかったですが、そろそろフライ振ろうかな?

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 13  
こんにちはー

今日も渓流にヤマメを釣りに行きました。
前日、仕事が終わってお好み焼きを食べに行って、車を点検に出していたら疲れて夕方から爆睡してしまったので夜中の2時に目を覚ましていました。
ヤマメを釣りに行くには早すぎると思い、深夜に釣り具をいじっていたら猫がラインを噛んだのでマジ喧嘩までに発展。
左手を数か所引っ掛かれましたが僕の勝利です。
そんなこんなしていたら朝の5時になったので出発です。

今日は初めての場所で薄暗く寒いですが釣りスタートです。

DSC03554_convert_20180313211310.jpg

入渓ポイントは開けていて釣りがし易そうな感じだったのですが、流れが速いポイントが多く、遡行しながら打てるポイントを打っていく釣りとなりました。

DSC03555_convert_20180313211336.jpg

釣りを始めて1時間くらい経ったころ、水が流れ込む場所の岩を掴みながらよじ登ろうとした瞬間・・・

バシャーン!!!

足を滑らせてしまい、落水。
タックルを傷つけたくないため咄嗟に右腕を高く上げたのですが、左手で水中の石が届かない・・・
ウェーダーの中に溜まった空気が体を浮かせて3メートル程流されて体勢を整えることができました。

チェストウエーダーに被せるように上着を着てフードを被っていたのでウェーダーの中まで濡れませんでしたが、両腕がずぶ濡れになりました (*´;ェ;`*)

DSC03556_convert_20180313211354.jpg

ちなみにウェーダーを着た状態で落水して、下手するとウェーダーに溜まった空気で下半身が浮いて上半身が水中にいって溺れることがあるみたいなので気をつけましょう。
僕が行くポイントはあまり深い場所はないので、どちらかというと頭を岩にぶつけないようにしないといけません。
じゃタックルより頭守れや。

あーバッグが濡れて重い・・・

DSC03558_convert_20180313211417.jpg

こんな時にも備えて、車のキーやスマホ、デジカメは防水バッグに入れているので何の問題もありませんが、上着が水を吸って重い上に、朝早く来すぎたせいでかなり寒いです。
気温3℃くらいかな?息が白く見えます・・・

さらに猫と喧嘩した時にできた傷に水が染みて痛いです。
ここで猫とマジ喧嘩の伏線を回収!?Σ(´ω`ノ)ノ

内臓が冷えないなら大丈夫と思い、上着を絞って釣り再開。

DSC03559_convert_20180313211435.jpg

スプーンをキャストしていると白泡ができたポイントで根掛かり・・・
こんな時はベルモントのルアーリータンⅡがあれば大丈夫!

DSC03560_convert_20180313211458.jpg

このルアー回収機があれば、腕を伸ばして服が濡れることもありません。
僕はもうずぶ濡れなので関係ありませんけどね。

釣りを続行していたのですが、気温が低い中、これだけずぶ濡れになっているので支障が出てくるわけです。
腕が冷たくなりすぎて感覚がなくなり、まともにキャストができなくなったので今日は諦めて帰りました。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 05  
こんにちはー

また渓流に行ってきました。
ウェーディングシューズもソックスタイプのウェーダーもボロボロになってきたので、今日は一体型のブーツタイプのウェーダーを着て釣りをすることに。

前日の雨の影響を大して受けることもなく、水は綺麗に透き通っていました。

DSC03544_convert_20180305211233.jpg

ネコヤナギが季節を感じさせてくれます。

DSC03547_convert_20180305211254.jpg

水温や気温の変化を数値だけで見るのも良いと思いますが、山の中に入って周りを見渡せば植物達が最近の気候の変化を教えてくれます。
数字なんかで状況を予想するより、現地に行って植物・虫・鳥・・・の変化で状況を見極めれるようになれば魚も簡単に釣れるようになる・・・?

少しヤマメの話とは外れます。
僕の祖父は年を重ねて車で遠くに釣りに行くこともなくなり、近所でウナギ釣りをして楽しんでいるのですが僕に言っていたことがあります。
「海と離れていても釣りは潮位の影響を受けている気がする」
当然、ウナギは海から遡上してきます。
なので海の影響を受けていて当然だと思うかもしれませんが、僕の祖父が釣りをしているポイントは干満差の変化を受けるポイントではありません。
魚が遡上するエリアがある故にベイトの影響もあるかもしれませんが、潮回りが良い時が良く釣れると祖父は言っていました。
気圧の変化の影響などもあるかもしれませんが。
祖父に理由を聞いてみると・・・
「分からん」
って言ってました。
ただし、祖父と同じようなことを言っている釣り師に出会ったことはあります。

実はコレ、僕が何気なく釣りをしている上で気にしているポイントの一つなのです。
全ての釣りに通じることなのでは?と思っているのです。
ヤマメが海の変化を受けて釣果に影響しているかも・・・?って思うと馬鹿馬鹿しい気もしますが、真面目で勤勉で非常に性格も良くイケメンな僕は気になってしまうのです。

生命の源の海。
どこまで釣りに影響を与えているのか?
どうせ、僕が必死こいて釣りを続けたことで答えなんて見つからないかもしれませんが、僕の釣りのテーマの一つです。

釣れないので、こんなことを考えながら釣り上がってました。

DSC03549_convert_20180305211312.jpg

前日に雨が降っていたにも関わらず、しっかりとした足跡が残っていたので人の気配は感じていたのですが、案の定、餌釣り師が上流にいました。
急にやる気が失せて今日の釣りはおしまい。

DSC03552_convert_20180305211335.jpg

予備用のウェーダーだったのですが、コレも使っている内に縫い合わせの箇所から浸水・・・(;´・ω・)

18歳の時に車の免許を取って山を車で徘徊し続けた結果、自宅がある柳川から一番近いポイントだと40分くらいでヤマメが釣れることが分かりました。
柳川だと山というより海に近いイメージがあると思うのですが、意外と身近な場所にヤマメっているものですね。
地図と睨めっこしながら車を走らせ続けるのですが、行ってみると水量が少ない藪みたいな場所だったり、到底降りることができない崖だったり・・・
今は大学生の頃に目星を付けたポイントばかり巡回しているのですが、当時ヤマメが居るポイントを探して茂みを掻き分けてする釣りは冒険みたいで楽しかったです。
時間に余裕ができたら、またボウズどころかロクに釣りができない山を冒険するような釣りをしてみたいと思います。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 03. 01  
こんにちはー

ついに2018年渓流解禁です!
仕事で普段休みの日を希望しない僕ですが、2年連続で3月1日だけは休みをもらっています。

解禁日なので早めに行こうと思い、前日に4時30分に目覚ましをセットして就寝。

4時30分。
僕「目覚まし、うるせーわ」
( ˘ω˘ ) スヤァ…

5時30分。
猫「 布団に入らせろ。ボケナス(=^ω^=)」
いつも一緒に寝ている黒猫が喚いていたので目を覚ましました。
猫を布団の中に入れて、歯磨きと着替えを済ませ渓流に向けて出発。

途中でコンビニでパンを買って食べなら運転してました。
まだ薄暗いですが川沿いを走っていると、すでに車を2台発見。
僕が目指すポイントはさらに上流なので数キロ走らせます。
前日の春の嵐の影響で道路に枯れ葉が大量に落ちていて運転が大変と思いながら進んでいると・・・

DSC03529_convert_20180301231018.jpg

木が倒れていて道を塞いでいました(´;ω;`)ウゥゥ
山の方から倒れていて根元の方から見ると7~8mくらいありそうです。
当然、これ以上車で進むのは不可能なので諦めて、この場所に車を駐車して釣りをすることにしました。
・・・ふと山を見ると、もしかしたらまた倒れてくるかもしれないと思い、少し引き返して木が倒れても車に直撃しない場所に駐車しました。
以前、釣りの帰り道に道路を塞いでいた木を警察が処理していたのを思い出し念のために警察に連絡しました。
警察から場所を特定するために電柱はないか?と聞かれましたが山の中に電柱なんてほとんどありません・・・
少し歩いて橋の名前を伝えて釣りの準備を済ませ釣り開始。

前日の雨で少し増水して僅かに濁っていますが、釣りは問題なさそうです。
今日はルアーでいきます。

開始5分で足元の石がぐらつき滑ってしまい、腰より上辺りまで水の中に入ってしまいました・・・
冷たい・・・

さらに5分後根掛かりしたルアーを外すために左手を川に突っ込むことに・・・
冷たい・・・

ラインが痛んでいないかを確認するためにロッドを股に挟んでいたら、ロッドが股からずれ落ちて川の中へ、反射的に右手を川に突っ込むことに・・・
冷たい・・・

寒いよ(っω・`。)

気を取り直して釣りを再開。
スピナーを投げながら釣り上がっているとヒット!
相変わらずのサイズですが、綺麗なヤマメちゃんです。

DSC03530_convert_20180301231053.jpg

その後ものんびり釣り上がって行きます。

DSC03535_convert_20180301231215.jpg

ヤマメのチェイスはあるのですが、フッキングまでに至らず・・・・

DSC03536_convert_20180301231247.jpg

ここはヤマメが出るポイントなのですが、増水の影響でまともに釣りができません。

DSC03537_convert_20180301231356.jpg

釣り上がっていると・・・
「ガアアアアアアアアアアアアァァ!」
カモさんでした。びっくりしました(;_;)

DSC03538_convert_20180301231432.jpg

しかも、このカモさん厄介なことに僕が目指す上流に向かってスイスイ泳いでいきます。
ヤマメ釣れなくなるから止めて・・・と思いますが、僕の思いなんて伝わる筈がありません。
僕から距離をとっては休み。僕が近づけば上流に向かってさらに泳いで進むというポイントデスロイヤーです。
ちなみにこの経験2回目です(T_T)

脱渓ポイントに到着したので釣り終了。
山の中はまだ雪が残っていました。

DSC03540_convert_20180301231457.jpg

車に向かって引き返していると、軽トラに乗ったフライマンに声を掛けられたので立ち話をすることに。
解禁日なのに魚の反応が薄かったなーと思っていたら、僕より先の方に餌釣り師が入っていたとのことでした。
とはいえ、解禁日にヤマメが見られて満足な釣行となりました。

車に近づくと朝方に道を塞いでいた木は切断せれてました。

DSC03541_convert_20180301231518.jpg

ウェーダーから水が浸入しているかもと思って、脱いで確かめたのですが、やはり蒸れではなく水が入っているみたいです。
シューズもボロボロになってきたので再購入を考えないといけないのですが、ウェーダーもシューズもそこそこするんですよね・・・
んー悩みます。

2018渓流始まったばっかりです。
また行ってきます!

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR