--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 01. 09  
こんにちはー

「やながわ有明海水族館」に行ってみました。

DSC02093_convert_20170109004522.jpg

実は今回が初めてではなく、すでに何回も訪れているのです。
なんと!この水族館の館長青春を怪魚釣への小宮春平君なのです。
以前、僕にタナゴ釣りを教えてほしいと言ってきたのですが・・・10代にも関わらずそんな釣りに興味を持つなんて変な奴だなーって思っていたのですが、相変わらず変な方向に順調に進んでいるようです。

この水族館入ってみるといきなり有明海と全く関係ない熱帯魚達がお出迎えです。
お出迎え水槽の写真は撮り忘れてしまったので実際に見に行ってください。
シルバーアロワナ、エンドリケリー、ガーなど日頃熱帯魚屋に行かない人にはかなり新鮮なのではないでしょうか?
きっとこの水槽で皆さんの心を鷲掴みする作戦なのでしょう・・・

しかし、僕はこういった日淡水槽の方が好きです(*´∀`人 ♪

DSC02097_convert_20170109004736.jpg

アカザなど珍しい魚も館長自ら捕まえに行っているようです。

DSC02094_convert_20170109004658.jpg

このブログで細かく紹介してしまうと行く楽しみが減ってしまうので適当に撮ってみました。

DSC02099_convert_20170109004842.jpg

センベイアワモチなど非常にマニアックな生き物なんかも・・・
館長の変態さが滲み出ています。

DSC02100_convert_20170109004911.jpg

巨大ハゼクチなんかもいます。

DSC02101_convert_20170109004945.jpg

最近は全くハゼクチを狙って釣りに行っていないのですが、車の免許取り立ての18歳の頃に地元である柳川で釣っていた経験があります。
何匹もハゼクチを釣ったことはあるのですが、この水槽のハゼクチは立派なサイズです(*゚Q゚*)

大水槽にはシーバス、ソウギョ、ボラ、ガー、フナなど色々な魚が入っています。
おそらく日本には様々な水族館があり水槽がたくさん設置されていると思いますが、この水槽ほどカオスな水槽はないと思います。
中々の見物だと思います。

DSC02107_convert_20170109005156.jpg

ヒナモロコ水槽もあります。
仮にタナゴ釣りをしていて釣れたとしても僕には同定が難しそうです(^_^;)

DSC02103_convert_20170109005030.jpg

説明書きは館長自ら手書きで書いてあるものが多々あります。
皆さん空気を読んで触れていないのか、それとも皆さん気にならないのか分かりませんが僕は言わせてもらいます。
字が少し雑ですね(´pωq`)
個人的には手作り感があって良いと思うんですけどね。

DSC02104_convert_20170109005056.jpg

小宮君の性格も知ってますし、頑張っている姿も見てきているので来る度に応援したくなってしまいます。

あと魚とは全く関係なく、この水族館には魚の餌を盗み食いする猫もいます(笑)

DSC02098_convert_20170109004813.jpg

決して大きな水族館ではないのですが魚の種類も多く、柳川の観光地の近くなので魚好き問わずに寄ってもらいたいですね。
地元の人にも身近な生き物を知る上で良い水族館になっていて面白いと思います。

DSC02109_convert_20170109005223.jpg

そして、ちょっとだけタナゴ釣りでも楽しんでみてはいかがでしょうか?

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
スポンサーサイト
2017. 01. 02  
こんにちはー

明けましておめでとうごさいます。
「九州四季釣行」をいつも愛読されている変態の皆様方、今年もよろしくお願いします。

DSC02071_convert_20170102213632.jpg

誤字脱字に加えて語彙力がないので見づらいブログかもしれませんが、構わずこれからも更新していく予定です。
釣りに行く度更新を目標にしているのですが、たまに面倒になって書かない時がありますが頑張ります!
変態方の気持ち悪い笑顔が見れるように頑張ります!

今日は特にブログネタがないので久しぶりにお買い物ネタでも。
正月ということもあり、釣具屋で福袋を購入された方もいますよね?
僕は買ってません。
年末年始は宮崎のサーフへオオニベ釣りに行ってましたので店頭では買えません・・・
釣りの内容は後日更新します。
ネットが普及している世の中なので去年の福袋の内容等は調べればすぐ分かるのですが、興味が沸く釣りの福袋って少ないんですよね・・・
個人的に気になるのはimaの福袋、ヨドバシの福袋、村田基さんのお店である潮来つり具センターの福袋ぐらいですかね。
ヨドバシの福袋はやっぱりステラだったのかな?
いらない道具を買っても損するだけなので大川のマンガ倉庫で中古ルアーを漁ってきました。

ほとんどメガバスです。笑

DSC02090_convert_20170102214037.jpg

お正月なので釣り具全品30%オフでした。
さらに1000円購入すると「3000円以上で1000円割引」or「5000円以上で2000円割引」をプレゼントされます。
その上ポイント10倍なので100円買うごとに10円分のポイントがつきます。

先ほどのルアー13個の購入金額が合計4100円くらいでした。
ポイントが付くので実際は3700円くらいで購入したことになります。
つまりルアー1個285円くらい!
さらに、さらに、さらに!
コアラのマーチも貰いました(^-^)/
ガラポンのハズレです・・・

DSC02091_convert_20170102214108.jpg

中古ルアーですが普通に福袋を購入するよりかなりお得な買い物ができました。

あと、いつもブログの下にある「拍手」を押してくれてる方ありがとうございます。
押している方に特にメリットがある訳でもなく、ましてや僕に直接的なメリットがある訳ではないのですがFC2ブログをしている人なら分かると思うのですが「読んでくれてる!」って感じがして嬉しいのです。
ちなみに僕のブログで一番拍手が付いたのが釣りに関する記事ではなく猫に関する記事でした。
僕は知っているのです。
変態の皆さん、本当は魚じゃなくて猫が好きなんでしょ?

IMG_0011_convert_20161110013414.jpg

さぁ!拍手を押したまえ!

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 11. 12  
こんにちはー

一眼レフを購入したので、試し撮りをしました。

IMG_0005_convert_20161110013309.jpg

IMG_0011_convert_20161110013414.jpg

IMG_0026_convert_20161110013442.jpg

IMG_0034_convert_20161110013652.jpg

IMG_0031_convert_20161110013626.jpg

IMG_0037_convert_20161110013716.jpg

IMG_0039_convert_20161110013736.jpg

IMG_0045_convert_20161110013815.jpg

IMG_0048_convert_20161110013840.jpg

IMG_0051_convert_20161110013910.jpg

IMG_0056_convert_20161110013953.jpg

IMG_0059_convert_20161110014017.jpg

IMG_0073_convert_20161110014122.jpg

IMG_0090_convert_20161110014226.jpg

IMG_0087_convert_20161110014149.jpg

IMG_0098_convert_20161110014312.jpg

IMG_0102_convert_20161110014346.jpg

IMG_0105_convert_20161110014427.jpg

IMG_0122_convert_20161110014514.jpg

IMG_0123_convert_20161110014539.jpg

IMG_0124_convert_20161110014600.jpg

日頃使っているデジカメと比べると差がでますね。
たまに一眼レフで撮影した画像も取り入れていきたいと思います。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 10. 10  
こんにちはー

今、話題の「釣道楽の世界」に行ってきました。
せっかくの休日だったのですが、風が強く釣りに行く気分になれずに何しようかと考えた末、思いつきで柳川から福岡市博物館へ行きました。

暇な上、貧乏性なので下道で行きました。
高速道路とか高すぎてハゲるわ。
お金は節約です。
塵も積もればステラとなります。

寄り道してたから何とも言えませんが、柳川から2時間くらい(?)で行けます。
ここが福岡市博物館ですb(’0’)d

DSC01758_convert_20161010205844.jpg

博物館に一人で来たのは初めてです。
釣り関係の展示してあるから来ましたが・・・
釣り関係じゃなかったら絶対来ない。
うん、絶対来ない。
というか、釣りで忙しすぎて時間も金もないし・・・
僕のブログをいつも見ている人は分かると思いますが、僕は忙しいのです。

「釣道楽の世界」とは全く関係ないのですが、2016年の3月にフライ遠征を決行した時に岐阜県にある世界最大級の淡水魚水族館「アクアトトぎふ」に行く予定だったのですが、フライフィッシングで頭がいっぱいになり過ぎて行き損なったのを思い出して、ただいま吐きそうです。
淡水魚大好きなのに(つД`)ノ

どうでもいい話はこの辺で。
本題へ。
展示会の入り口です。

DSC01759_convert_20161010205908.jpg

僕は一般のおっさんに分類されるので入場料1300円です。
うまい棒に換算すると130本ってところですね。
僕はコンポタージュが好きです!
めんたい味もいいですよね!

ここからは残念ですが、博物館なので写真撮影は禁止なので撮ってません。
全部、ここで書いてしまうと、まだ行っていない人の楽しみが減ってしまいますのでざっくり書かせていただきます。

まず、入ってすぐ何やら漢文みたいな感じで文章が書いてあります。
僕は全部読みましたが、ほとんどの人は軽く見てスルーしてました。
こっちは釣り具代削って金払ってるんだからじっくり見させていただきますぜ。
中身を簡潔にまとめると釣りする人は2種類に分けられて「利益のために釣りをする『漁夫』」と「娯楽のために釣りをする『遊漁者』」に分けられるそうです。
無論、僕は後者であり、ここの展示は後者に重点が置かれています。
たまに歴史の博物館に行くと伝統的な漁具などを展示している場所はありますが、趣味の釣り人目線の道具を展示している場所はほとんどありませんので、やはり、今回の展示会は貴重です。
東京にある「釣り文化資料館」は和竿中心に展示してあるので、またちょっと違いますね。
行ったことないからよく分かりませんが・・・

よく分からない漢文を見た後から、本格的な展示が始まります。
大きな屏風が何枚も・・・!!
説明には○人の釣り人が描かれているとの説明書きがあります。
全然見つかりません(´;ω;`)
序盤からノーヒントで「ウォーリーを探せ」みたいなのをやらされます。

そこから釣りに関する文章や浮世絵など・・・
江戸の釣りを中心に書いてある物が多かった気がします。
ハゼやキスに関する物が多かったような・・・
ただ、キスと言ってもシロギスではなく、今では非常に珍しいアオギスに関して書いてある物ばかりでした。
最古の釣り指南書にキスの針について書いてあったのですが、今でも使われているのと全く同じ形状のものもあり驚きです。
ちなみに秋田狐針です。
僕もよく使っているのですぐに分かりました。
キス釣りにおいて秋田狐はキスを掛けやすく、そして釣れたキスを針から外しやすいという、よくできた形状だと以前から思っていたのですが、こんな昔から使われていたとは・・・

何やら地図みたいなのが・・・今も昔も変わらず釣り場のポイントをまとめたものはあったようです。
やっぱり、釣り人にとってポイントは重要ですからね!

武士の釣りについてなんかも・・・!
刀の鍔にも釣り人が描かれていたり面白いです。

流行のエギングも元を辿れば伝統漁法から発展して確立された釣りというのはエギンガーの皆さんはご存知ですよね?
薩摩のイカひきはエギング好きな人なら楽しめそうです。
たくさんの餌木が展示されてました。
現代のエギとは違い、布は巻いておらず木を削って寛永通宝(?)を錘代わりにして、火で炙って黒色にしていたりしていたようです。
薩摩烏賊餌木は聞いたことはありましたが、実物を見るのは初めてでした。
西郷隆盛が作らせたエギと呼ばれている物もあり珍しく見入ってしまいました。
そして、一個だけも凄まじく気になった餌木があったのですが・・・
なんというか・・・
明らかにチ○コなんですよ!
確認すればするほどチ○コなんですよ!
バス釣りメーカーの「道楽」からもチンチンルアーは普通に発売されているから、男はいつの時代もアホだと感じた瞬間でした。

タナゴ釣りが好きな僕は、和竿のタナゴ竿やフナ竿はかなり気になりましたね。
非常に素晴らしかったです。
漆塗りのウキも展示されていたのですが、一番気になったのは「馬井助浮子」です。
僕がタナゴ浮きを作ろうと思ったきっかけになったのが正しく「馬井助浮子」なんです!
もはや、釣り具の領域を超えて美術品の域に達しています。
この展示会に行く前から、「釣道楽の世界」を調べていると画像からどうも「馬井助浮子」だな!って思っていたんですよね~
これを見たかったんです!

魚譜も凄かった・・・
魚の鱗一つ一つ丁寧に書かれていて驚きです・・・

日本のフライフィッシングの聖地「湯川」に関してトーマス・グラバーの資料なんかも・・・
フライフィッシング関係の道具はハーディー社のが多かったのが印象的でした。
僕もフライはやっており、現にハーディーのロッドを1本、リールを2個所有しているのですが、正直、フライフィッシングが浸透していない九州ではハーディー社は認知度がかなり低そうですね・・・
ハーディーと聞けばフライのイメージが強いですが、スピニングリールの展示もありました。
ミッチェルやオービスのスピニングリールも数は少なかったですがありました。
英国製のリールが多かった気がします。
植野精工のオリムピックで完全にミッチェルをパクってあったのがありました笑

釣りに関する写真も多く眺めているだけで飽きませんね。

「オーパー」で有名な開高健氏に関する資料も多く展示されてました。
タックルボックスにはスミスウィックやヘドン、バルサ50らしき物が入って展示してありましたが、オールドルアーに関しては変態師匠の所有物の方が圧倒的に凄いです。
オールドルアーを紹介というより開高健氏の所有物というような展示ではありましたが。

釣りキチ三平の原画も良かったです!
有明海のムツかけの原画もありました。
有明海沿岸の柳川市に住んでいる自分としは嬉しかったです。
柳川市が随分前からスピニングタックルに鉛と針を付けた仕掛けを投げてムツゴロウを引っ掛けで釣る方法を「ムツかけ」と呼んで観光の資源としようとしていますが、僕から言わせれば伝統的な「ムツかけ」とは全く別物であり、ただの引っ掛け釣りです。
エギングやタイラバも元を辿れば伝統漁法から発展したものであるため、別に柳川市がやりたいものを否定したいわけではありませんので悪しからず。

展示場所は撮影は基本的には禁止でしたが、これだけ撮影OKでした。
釣り好きの皆さんは一度は目にしたことがあるのでは?

DSC01761_convert_20161010205934.jpg

僕は幸せですp(*^-^*)q

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2016. 07. 04  
こんにちはー

レインウェア買いました(*^_^*)
念願のゴアテックス製です。

DSC01302_convert_20160627195357.jpg

普段、シマノ派ですが今回はダイワ製です。

僕なりのレインウェアの選び方を紹介。
といっても、今回シマノ製を見送った理由を紹介するだけです。

①GORE-TEX®マスタースーツ
GORE-TEX製でストレッチ2重袖、二重生地で補強・・・など製品について文句の付け所がない!
しかし、定価59,000円。
→そんな、金ない。
→却下。

②GORE-TEX®ベーシックスーツ
GORE-TEX製。ただ2重袖や生地の補強などはないです。
かなり良さそうに見えて着てみました。ちなみに夏を想定して半袖のシャツの上からです。
裏地にメッシュなどがなく、地肌にゴアテックスが触れます。
これが肌に張り付いたようで気持ち悪い・・・
いくらゴアテックス製とはいえ、少しは蒸れます。
それを想像すると嫌ですね・・・
冬場はいいと思います。
定価は34,000円。
→地肌に直接ゴアテックスは嫌。
→却下。

③XEFO・GORE-TEX® BASIC SUIT
GORE-TEX®ベーシックスーツと同様の理由により却下。

④DSアドバンススーツ
ゴアテックス製ではなくシマノの独自(?)のドライシールドという防水透湿性素材です。
ストレッチ2重袖口や重生地で補強してあります。作りは十分。
しかも、裏地にはメッシュがついてます!
着てみました。
ゴアテックス製を着た後からかもしれませんが・・・なんか重いような・・・
でも、やはりメッシュがあるのは良い!
ベタつかなそうです。
ただドライシールドがどの程度の防水透湿性レベルか不明。
数値的なものがないあたり怪しい・・・
お店の人もゴアテックスが上と・・・まぁそりゃそうでしょうね・・・
定価は26,000円。
→やっぱりゴアテックス製がほしい!
→却下。

シマノは微妙だな・・・
ダイワのDR-1906(ゴアテックス®プロダクト レインスーツ)を取ってみるとゴアテックス製で裏地にはメッシュ!
定価37,400円ですが販売価格は2,4000円程度。
シマノのDSアドバンススーツの販売価格は2,2000円程度を踏まえても、僅かに高い程度。
ということでダイワのDR-1906(ゴアテックス®プロダクト レインスーツ)に決定しました。

雨の中あまり釣りしないんですけどね。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。