FC2ブログ
2018. 10. 30  
こんにちはー

10月に入り、渓流が禁漁となったの管理釣り場に向かいます。

大分の九重フィッシングリゾートです。
柳川から片道3時間あれば行けます。

DSC05081_convert_20181111221508.jpg

休日なので朝から続々車が来ます。

オープン前にフライの準備です。

DSC05080_convert_20181111221450.jpg

状況によってフライは使い分ける必要があるのでたくさん持って行きます。

DSC05082_convert_20181111221524.jpg

たくさん持って行くのですが管理釣り場ではボツフライから消費することが多いです。

DSC05083_convert_20181111221545.jpg

皆さん、決められた時間よりも早く釣り場に行ってます。
だいたい釣れるのは画像のように人が多いポイントです。
あそこは深みになっているのでマスが多くいます。

DSC05084_convert_20181111221603.jpg

おっさん達は場所取りに必死なので、入っていい時間よりも前にポイントに向かいます。

僕はわざわざ人が多いポイントで釣りをしたくないのでいつも人気がない流れ込みがある端っこで釣りをしています。

朝マズメパワーで入れ食いです。

DSC05085_convert_20181111221621.jpg

水生昆虫にフライを合わせます。

DSC05088_convert_20181111221639.jpg

ご主人が銀毛しているマスも放流してくれてました。
小型ですが綺麗(*^_^*)

DSC05093_convert_20181111221701.jpg

カッコいいニジマスも釣れます。

DSC05095_convert_20181111221721.jpg

釣れ過ぎるため(?)エッグフライを禁止している釣り場もあるみたいです。
九重では禁止されていないみたいなので試すことはあるのですが、だいたい2匹くらい釣ったら釣れなくなってしまいます(´;ω;`)
派手過ぎるからかな?

DSC05096_convert_20181111221738.jpg

色々試しながら楽しみます。

DSC05100_convert_20181111221757.jpg

柄も色々あって釣れる度見入ってしまいます。

DSC05101_convert_20181111221816.jpg

今日は銀毛したマスがいっぱい釣れました+.(*'v`*)+

釣りが終わったらご主人といつものおしゃべりです。
実はこれも楽しみの一つです(笑)

また九重遊びに行きます。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 10. 29  
こんにちはー

忙しくて釣りに行く暇がない状況でしたが、気分転換に行ってきました。
柳川で手軽にできるバス釣りです。
車で10分くらいで行けるので時間がない時はバス釣りになってしまいます(^_^;)

時間がない時にバス釣り行ってたのですが、なんと今回でバス釣りの記事100件目です!
355釣行のうち100釣行バス釣りの記事ということになります。

ほとんどバス釣りやん。

柳川のバス釣り記事を書いてもあまり需要があると思ったことはありませんが今日も書きます。

近所のクリークに到着です。

DSC05056_convert_20181111220757.jpg

ワームを適当に投げて沈めるだけで釣れます。

DSC05058_convert_20181111220854.jpg

同じくらいのサイズを追加。

DSC05060_convert_20181111220913.jpg

ちょっと移動することに。
すると見えバス発見。

DSC05062_convert_20181111220932.jpg

こっちにはニゴイ。

DSC05063_convert_20181111220957.jpg

こっちはコイ。

DSC05065_convert_20181111221014.jpg

居るところにはいくらでも居るって感じです。

DSC05066_convert_20181111221032.jpg

でも、こういうバスは捕食体制に入っていないので中々口を使ってくれません・・・
このようなバスを釣るための術がいくつかあるので試していると1匹だけ何とか釣れました。

DSC05069_convert_20181111221050.jpg

さらに移動をしてキャストしていると足元にバスが回遊してきたので、急いで回収して狙ってみます。
するとラインが横に・・・トラウトタックルで渾身のフッキング。

よく走るので少し焦りましたが、無事キャッチできました。

DSC05074_convert_20181111221128.jpg

トラウトタックルでもしっかりフッキングをすれば硬い所でも貫通できます。

DSC05071_convert_20181111221109.jpg

また移動です。
見えバスが居たのですが、釣りきれず・・・

DSC05077_convert_20181111221144.jpg

移動を繰り返し、見えバスを探したのですが見つかりませんでした。

DSC05079_convert_20181111221200.jpg

お腹空いたので帰宅です。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 09. 25  
こんにちはー

今日も仕事が終わって有明海に行ってきました。
狙うのはヒラです。

今回は前回「第352釣行 有明ターポン「ヒラ」を追う」で名人に教えてもらったポイントに直行しました。

堤防を歩いて行くとルアーマンが居たので話すとシーバスを狙っているそうです。
さらに歩くと地元の方もウキ釣りでシーバスを狙っているんだとか。
シーバスが多いから皆さん狙っているみたいです。
僕はヒラ狙いですが。

水面を観察していると何やらざわついています。

正体はボラの群れでした。

DSC05055_convert_20180924203626.jpg

地元のおっちゃんの隣に竿を出させてもらうことにしました。
タックルは今回もメバルタックルです。
シーバスもいるのでリーダーだけはエギングで使うフロロの2号にしました。

有明海なので佐賀や長崎と比べたら海の濁りが強いですが、ワームはクリア系でもヒラは普通に食ってくるそうです。
底を取ると根掛かりするそうですが、ヒラは表層に居ることが多いので底は攻めなくても大丈夫みたいです。
あと、ヒラは吸い込む力が強いのでアジ用のワームでも大きめで良いそうです。
因みにジグヘッドは2gを使用しました。

DSC05048_convert_20180924203517.jpg

投げては巻くという作業を繰り返すだけなのですが、ボラが大量にいるのでラインがボラに当たってしまいアタリなのか分かりません。
地元のおっちゃんはウキにアタリがあるのですが、苦戦しています。
ウキに反応があった正体の魚はメイタでした。
その他、セイゴも釣れていました。

投げ続けること30分、急にロッドをひったくるようなアタリが!
最初はボラだろうと思っていたのですが、水面で暴れるので僕も地元のおっちゃんもシーバスだと確信。
大きさ的にもシーバスみたいだったので、地元のおっちゃんに「いるならあげますよ」と伝えタモで掬ってもらいました。

ヒラやん。

ヒラは非常に脆い魚なので地面に置いてしまうと鱗が剥がれたり、出血したりしてリリース不可能になるというのは事前に調べて知っていました。
リリースするためには触らずに空中でリリースしなければなりません。
地面に置いたら終わりな魚なのです。

おっちゃん「良かったなヒラやぞ!」
網をクルン。

ヒラが地面でビタンビタン・・・
ヒラ「ワイ死んだわ」

DSC05050_convert_20180924203534.jpg

地面で跳ねているだけで鱗が剥がれ、出血しています(;´・ω・)

僕が思っていたよりも大きいです。
40cmくらいはありそうです。

ドラグも鳴り、水面で暴れていたのでシーバスかと思ってしまいました。

アカメみたいに目が赤くて綺麗です。

DSC05053_convert_20180924203552.jpg

オッチャン、ヒラモッテカエッテー

2回目の釣行で本命が釣れました( ^ω^ )
かなり苦戦する相手だと思っていたのですが、有明海に詳しい名人にポイントを教えてもらったので簡単に釣れてしまいました。
名人ありがとうございます!

ヒラは群れで回遊してくることが多いそうなので、1匹釣れたら立て続けに釣れるらしいので狙いましたが釣れませんでした・・・

お腹が空いたのでご飯(*^_^*)

DSC05054_convert_20180924203610.jpg

その後も粘ってみたのですが、結局釣れず。
潮も引いて、寒くなってきたので帰ることにしました。

釣って楽しむだけの魚にしては、あまりにも脆い魚なのでキープ前提で釣りをしなければなりませんね・・・
それができないなら手を出してはいけない魚という印象です。
骨が多いらしいですが、きちんと骨切りをすれば美味しい魚らしいので今度釣れたら食べてみようと思います。

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 09. 24  
こんにちはー

今日も柳川クリークに行ってきました。
最近、柳川クリークへの釣行が多いです(^-^;

DSC05033_convert_20180924203219.jpg

タックルはいつも通りトラウトタックルです。

DSC05034_convert_20180924203254.jpg

ワームを打っていくと30cmくらいのがよく釣れます。

DSC05039_convert_20180924203405.jpg

DSC05040_convert_20180924203422.jpg

DSC05043_convert_20180924203443.jpg

DSC05046_convert_20180924203500.jpg

今日は4回もバラしてしまいました・・・
1匹は水草巻きついたと思ってゴリ巻きしていたら大きなバスが食いついただけでした(。pω-。)

クリークはストラクチャーが少ないのでトラウトタックルでバスを走らせても問題ないのですが、フッキングが浅いとファイト時間が長くなる程バレやすくなる感じがします。
疲れさせてキャッチしようとすれば、ファイト時間が長くなります。
力技で寄せようとすると、体力が残っているので足元で急に走られた時にバレる確率が上がってしまいます。
ラインはナイロンの4lbですが、バスを掛けてラインブレイクすることはほぼありません。
フックをもう少しゲイプが広く、太軸の物を試してみようかな?

バス釣りを始めた頃は何回も通って1匹という状況だったのですが、続けたら釣れるようになってきました。
15年くらいバス釣りしていますが試行錯誤は終わりません・・・

バスタックル使えば殆どの問題解決しそうですが。

彼岸花が咲いて秋を感じるようになってきました。

DSC05036_convert_20180924203346.jpg

短時間の釣行でしたが、魚釣り楽しいです(*^_^*)

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
2018. 09. 18  
こんにちはー

今日は有明ターポンと呼ばれるヒラを狙いに行くことにしました。

その前に、ターポンについて少しだけ調べてみました。
海外にいる化物みたいな魚アトランティック・ターポンはカライワシ目イセゴイ科のようです。
日本でも釣れるイセゴイも同じくカライワシ目イセゴイ科です。
そして、有明ターポンと呼ばれるヒラはニシン目ニシン科です。

分類全然違うやん。

有明海は独特の生態系があるので学生の頃は有明ターポン「ヒラ」は有明海固有の魚だと思っていました。
調べてみると九州、中国地方、四国にも生息していることを知りました。

有明海固有種じゃないやん。

有明海周辺では好まれて食べられていません。
どちらかというと瀬戸内海の方では好まれているみたいです。

瀬戸内ターポンじゃダメなん?

色々突っ込みたくなる魚ヒラですが、以前から狙ってみたかった魚です。
職場が熊本にあるので有明海に寄りやすい状況にあるにも関わらず、近いといつでも行けると思って行かなくなってしまいます(^_^;)
今年こそ真面目に狙ってみようと思って、仕事が終わって有明海に行ってきました。

タックルはメバル用です。
大きいと60cmくらいのも釣れるみたいなので耐えられるかな・・・?

目星を付けたポイントに行ってみると釣り人を発見。
アナゴを狙っているとのことでした。
熊本新港でアナゴが良く釣れるという話を聞いたことがあったのですが、このポイントでも釣れるみたいです。
僕も三池港や長洲で釣ったことはありますが。

さらに歩くと網を持った人を発見。
イカゴを掬っているとのことでした。

シーバスがいっぱい居るよ!とのことだったので覗き込んでみると・・・

岸壁にシーバスだらけ(;゚ ロ゚ )

DSC04999_convert_20180917225242.jpg

DSC05000_convert_20180917225308.jpg

DSC05002_convert_20180917225336.jpg

画像では伝わりにくいですが、相当な数が居ます。
こんなにシーバスが乱舞しているのは初めて見ました。
イカゴ掬いの方が網を入れてもシーバスは気にしていません。
イワシに夢中みたいです。

小さいのが多いとのことでしたが、60cm~70cmくらいのも居ました。

投げていいよと言われたので、お言葉に甘えて。

DSC05007_convert_20180917225414.jpg

簡単に釣れちゃいました(*^_^*)

イカゴ掬いの方、マジャクを取って卸したりもしているそうです。
筆10本で数百匹捕まえるそうです。
テレビの取材も受けたりするんだとか。

プロやん。

マジャク獲りもコツがあるらしく初心者は難しいみたいですね。
機会があれば教えてください(´ω`人)

シーバスも釣るそうですが、今日はイカゴ掬いに専念しているそうです。
このくらいのサイズには興味なさそうです(^_^;)

肝心のイカゴは、シーバスが沸き過ぎて寄って来れないみたいです・・・
数匹ずつを小まめに掬っています。

すると、名人が投網を取り出しました。

名人、シーバスを捕獲するためではなく、シーバスを蹴散らすために投網投入。
するとシーバスが消えました。

その後、すぐに大量のイカゴの群れが!(;゚Д゚)
話では聞いたことがありますが、実際に自分で見るのは初です。
名人が一気に網で捕獲!!

DSC05009_convert_20180917225430.jpg

凄っΣ(´Д`*)

その後も、たまにイカゴの群れが回ってくるのでどんどん捕獲しています。
こんなにもイカゴって獲れるのか・・・
イカゴの群れも凄いですが、それに対応できるように道具を自作している名人もさすがです。

これはマジャクではなくシャコ。

DSC05011_convert_20180917225447.jpg

これはシバエビではなくクルマエビ。

DSC05012_convert_20180917225502.jpg

写真は撮っていませんが、クサフグではなくトラフグも捕まえていました。

沖の方でプシュープシューという音が聞こえたのでスナメリがいるみたいです。
名人の話では、スナメリではなくイルカウォッチングでみるようなイルカも群れで入ってくることもあるそうです。

名人に色々有明海について教えてもらいました(*^_^*)

有明海に詳しい名人のイカゴの捕獲量がこちら。

DSC05016_convert_20180917225532.jpg

ヤバいよ・・・ヤバいよ・・・((´・ω・`;))

有明海ってまだこんなにイカゴって居たの?って感じました。
群れが来れば数キロ捕獲できるそうです。
これで3キロくらい?

旅館を経営したり、卸したりしているので無駄はなさそうです。

名人にイワシ掬ってもらって泳がせたりして遊んでいたのですが、本命はヒラです。

水面を観察していた名人がヒラを発見!
40cm弱くらいありそうな平べったい魚が現れました。

ワームを投げ続けますが、釣れません(´;ω;`)ウゥゥ

名人からヒラが釣れたことがあるポイントを教えてもらったので移動することにしました。
色々教えてくれてありがとうございました(* ´ ▽ ` *)
また機会があれば宜しくお願いします!

移動先でアタリが数回ありましたが、フッキングしません。
ヒラではない・・・?
ここもシーバスがたくさんいましたが、本命はヒラです。
狙い続けましたが潮位が下がってきたので納竿しました。

ヒラの姿は確認できたのでポイントは間違っていないみたいです。
リベンジしてきます(`・ω・´)

本当はソルトフライのターゲットにしたいので。

余談ですが、僕の職場の方が沖縄に住んでいる頃に釣りをしていたらイセゴイが釣れたそうです。
他の魚は熱帯系の魚だったので一番食べられそうな見た目のイセゴイを持って帰って食べたらしいです。

クソ不味かったらしいです。

ネットでもイセゴイの不味さは有名ですね(;´・ω・)

今日はこれで失礼♪(・ω・)ノ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
死ぬほど釣りが好きです。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR